小動物たちの夜の大演奏会(騒音問題)に立ち向かう


スポンサーリンク


スポンサーリンク



動物を沢山飼っていると気になる音の問題。

こんにちは。あだじょぱです。

複数の小動物と共に家族とマンションで暮らしています。

小動物は、デグー、チンチラ、ミニウサギ、フェレット。

それぞれが、個性豊かな可愛い小動物たちです。

 

関連記事

 

昼間に聞こえる音は、気にならない程度でも静まり返った夜中に出る音は騒音となります。

夜中にケージの中で暴れられると金属音が響き、眠れなくなる上に近所迷惑。

そうならない為に工夫する必要がありました。

 

 

動物たちとの共同生活と騒音

 

騒がしい音と書いて騒音。

小動物たちが一緒に暮らすようになると賑やかになります。

デグー、チンチラ、ウサギ、フェレットは、放し飼いではありません。

それぞれケージの中で生活できるようにしています。

ですが、動物たちは色んな音を出して生活するもの。

普段から昼間は色んな音が聞こえて賑やかな暮らしなのです。

 

 

デグーの出す音とは

 

 

我が家のペットの中では、1番小さな体のデグーさん。

音なんか出すの?って思われるかもしれません。

実際には、デグーは鳴き声を含め様々な音を出して生活しています。

 

デグーの騒音
  • 鳴き声
  • 回し車を回す音
  • ケージを囓る音
  • かじり木を囓る音

 

この中で気をつけるべきは、回し車とケージを囓る音。

この2つは、夜中に出されると非常に耳障りです。

ケージのような鉄を囓るとデグーの歯にも悪いので、なるべく囓らせないように注意が必要です。

 

基本的にデグーは昼行性なので、夜に活動する事は滅多にありません。

考えられるのは、他の動物が騒がしくて夜に起きてしまった場合。

そうならない為には、夜行性の動物とは離れた場所で飼うなどの対策が必要になります。

 

 

チンチラの出す音とは

 

 

我が家で1番の強敵、夜行性のチンチラちゃん。

夜行性なので、本来なら他の昼行性の動物とは離して飼いたいのですが、間取りの都合で近い位置にいます。

その為、チンチラが夜に活動した場合、他の動物まで活動を開始する可能性があります。

チンチラは体毛に覆われて騒がしくなさそうに見えますが、かなりの騒音を出してくれます。

 

チンチラの騒音
  • 鳴き声
  • ケージを囓る音
  • ケージに衝突する音
  • かじり木を囓る音

 

チンチラは、物凄い勢いで走り回る動物です。

昼間にケージから出して部屋を散歩させると、壁を蹴って物凄いスピードで走り回ります。

ケージ内にいる時でも、突然ケージに体を衝突させながら暴れ出すことがあります。

これが、夜中にやられると寝てられない騒音です。

 

チンチラが夜中に活動を始めると、折角寝ていた他の動物も起きてしまいます。

他の動物も目を覚ますと暴れ出すので、まずはチンチラを暴れさせない事が重要になります。

昼間に疲れるほど散歩させると、夜はグッスリ眠っている事が多いです。

 

 

ウサギの出す音とは

 

 

ウサギは普段は非常に大人しくしている動物です。

じっとしているかチモシーという牧草(餌)を食べている事の多い可愛らしいウサギちゃん。

そんなウサギちゃんなら大丈夫じゃない?

いえ、ウサギちゃんも結構大きな音を出す事があるんです。

 

ウサギの騒音
  • 床を蹴る音
  • 木で遊ぶ音

 

ウサギの場合は、その脚力が最大の騒音になります。

移動の際に激しく床を蹴ってジャンプするように移動するので、床材によっては大きな音がします。

又、遊び道具や餌の器などが完全な固定式では無い場合、それらを動かして遊ぶので音が発生します。

 

ウサギは、チンチラが暴れなければ規則正しく活動するので助かります。

ただ、チンチラが暴れてしまい、不安になってパニック状態になると飛び跳ね続けます。

とにかく静かに寝かせておく事が大事です。

 

 

フェレットの出す音

 

 

我が家の肉食系小動物男子のフェレットくん。

まだまだ幼いので活発に動き、好奇心旺盛なので激しく活動します。

賢いと言われる小動物で人気もあるフェレットくんですが、パワーもあって大きな音を出すのは得意です。

殆どの時間を寝て過ごす動物なので、夜に行動する事も十分考えられます。

 

フェレットの騒音
  • ケージを噛んで暴れる音
  • 餌を入れる容器を噛んで暴れる音

 

パワーのある肉食系の為、暴れ出したら酷いです。

騒音となる行動パターンは単純ですが、音は他の動物たちと比べても1番大きくなります。

出せ!出せ!という感じでケージに噛み付いて揺らしてくれます。

こうなると夜中でもケージから出して遊ばせて満足するまで繰り返し・・・。

とにかく、夜も暴れないように昼間に沢山遊ばせるようにしています。

 

 

騒音連鎖の大演奏会

 

それぞれ単体の騒音でも結構な音に感じますが、厄介なのは連鎖的に発生する騒音です。

単体なら、その動物を静かにさせるだけで良いのですが、連鎖するともう止められない状態。

そんな騒音の日も経験し戦い抜いてきたのです。

 

 

深夜に騒音が連鎖する恐怖

 

家族が寝静まった深夜、突如として暴れ始める動物の音。

そんな事は動物を飼っていると、よくあるケースかもしれません。

我が家のケースでは、夜行性のチンチラが暴れ始め、その音で目を覚ました動物が次々に活動するというパターンが続きました。

 

  • チンチラがケージに衝突する音
  • デグーの回し車を回す音
  • ウサギが跳ねる音
  • フェレットがケージを噛んで暴れる音

 

夜中にカーニバルかよ!

 

(;゚∀゚)

 

とにかくチンチラが深夜に活動した際に発生する音を最小限にしたいと思いました。

 

対策としては、ケージの周囲を布切れで囲い他の動物から見えないのと音を少しでも遮るようにしました。

まぁ、あまり効果はありませんでしたねぇ。

 

 

チンチラが夜に寝る環境 ( ˘ω˘ )スヤァ…

 

チンチラ、フェレットは、昼の明るい時間帯と夕方から夜にかけて散歩タイムにしています。

捕食者と捕食される側の関係なので、同時には出しません。

デグーは回し車があればケージから出す必要の無く、ウサギは出たがりません。

 

そんなある日、チンチラが散歩中に大暴れして疲れていると、深夜も静かにしているという事に気がつきました。

自分から大暴れして勝手に疲れてケージに戻るのですが、そんな日は大人しく寝てくれます。

 

深夜に騒音を発生させないようにする対策としては、日中に沢山動いて疲れて貰うのが1番。

それからは気をつけて目一杯遊ばせるようにしています。

時々、天候が荒れたりする時に突然暴れる事もありますが、随分とマシになりました。

 

チンチラが騒がなければ、他の動物たちは眠る時間だと理解して寝てくれます。

朝に誰かが起きて活動を始めると、動物たちも動き出す感じです。

チンチラ以外は、人間に合わせてくれてるみたい。

 

というワケで、チンチラには要注意の我が家です。

 

 

まとめ

 

これだけの小動物を飼おうと思う人は少ないと思いますが、チンチラ単体でも注意が必要です。

チンチラの騒音対策については、他にも出来る事があります。

 

関連記事

 

安眠の為にも、色々と対策を施す必要がありますが、可愛らしい小動物です。

普段はピョンピョン跳ねて体に飛び乗ってくるので、もう可愛くて仕方がありません。

チンチラさえ、ゆっくり寝てくれれば、他のデグーもウサギもフェレットもストレスを感じないで夜に寝てくれんですけどね〜。

 

これだけ小動物が一緒に暮らしているので、お互いに悪影響にならない環境づくりが重要ですね。

まだまだ改善できる事があれば、随時改善していきたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。