デグー&チンチラの部屋遊び用に簡易な柵を自作してみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

デグーとチンチラがやって来て、もうすぐ1週間。

こんにちは。あだじょぱです。

デグーとチンチラを別々のケージで飼い始めました。

札幌でチンチラというペットを飼う

2017.10.14

札幌でデグーというペットを飼う

2017.10.13

どちらも草食でネズミのような小動物ですが、可愛らしいんです。

性格が違うので、育てるのも難しいですが、なんとか我が家に慣れてもらおうと奮闘する日々が続いています。

デグーは、良いとしてチンチラはストレス解消にケージから出す必要があるので、現状のままでは、電気のコードを齧ってしまいそう。

そこで、いつでもケージから出せるように対策を考えました。

 

 

チンチラの行動範囲を柵で囲む

 

簡単なのは、チンチラの為に部屋を1つ空けるのが早いですが、家族と同居していると、一部屋解放するのは現実的ではありません。

それなら、やはりケージから出して遊ばせる範囲を決めて、その遊ぶスペースを柵で囲ってしまう方法が手っ取り早いような気がします。

 

 

柵を探す

 

しかし、ペットショップや通販で柵を探してみましたが、広さと価格で「コレだ!」と思うものが見つかりませんでした。

理想としては、少し広めにしてあげたいけど、部屋の広さもあるし、部屋の家具などを毎回動かすのも面倒なので、現状を維持しつつ、簡単に設置できるような柵。

ちょっと贅沢すぎる理想ですが、無いもんですね。

 

 

柵を自作する

 

仕方がないので、自作する事にしました。

あまりお金をかけたくないので、100円ショップで材料を購入して、ケージを含めた活動範囲を囲えるように作成。

 

 

100円ショップで材料を購入

 

金網のようなものと、結合する為のプラスチック部品、それとマジックテープを購入しました。

金網は、網の目が広いですがチンチラが抜け出せなければOKとしました。

チンチラは体が大きいのですが、殆どが毛に覆われているので、毛を含めた体の幅で考えるとすり抜けられる可能性があります。

そこまで広い網目の物は見かけませんでしたが、念のため。

 

網目の材料は、20個ほど購入したので、材料は全部で5,000円ほどの購入金額になりましたが、市販品を購入すると10,000円くらいするので半額で思い通りに加工できます。

金網の高さのある方を縦にして接合するプラスチック部品で繋いでいきます。

プラスチック部品は、1箇所だとチンチラのパワーで抜け出される隙間が出来る為、かなり下側に1箇所と中間地点に1箇所の計2箇所で使用しました。

それを繰り返し繋ぎいだ物を、3セットくらい作り、最後は、その3セットをプラスチック部品では無くてマジックテープで繋ぎます。

こうする事で、部品が3セットに分かれるので、片付けやすいのです。

全てをプラスチックの接合部品で繋ぐと外すのが大変なので、マジックテープか他の簡単に取り外せる金具などがオススメ。

 

 

実際に遊ばせてテスト

 

まだ慣れていないチンチラ君(メス)ですが、テストの為にケージを解放すると、慎重に警戒しながら飛び出しました。

しばらく様子を見守っていましたが、柵から外へ出そうになる事はありませんでした。

少しよじ登ろうとする瞬間がありましたが、無理だと諦めてくれました。

コレなら大丈夫です。

 

チンチラは夜行性なので、夜に活発に行動します。

その為、昼間は薄暗い場所で寝ています。

柵で遊ばせるのは、夕方以降にチンチラが起きてからが良いみたいなので、我が家では夜の人間が寝るまでに遊ばせる事になりました。

 

慣れていないうちは、なかなかケージに戻ってくれないので遊びを終わらせたくても終われないという人間がストレスを感じそうになりますが、ただひたすら待っていると入ってくれました。

でも2時間くらいかかったような・・・。

 

因みに柵を作って遊ばせる場所は、フローリングなんですけど、チンチラは、トイレを覚えないので糞尿は覚悟しておかねばなりません。

今の所、尿はケージ内でしている様子。

 

 

最後に

 

チンチラのストレスを少しでも軽減する事で、長生きして欲しいと思っているのですが、人間の世界には、非常に多くの生活音がある為、連れ帰った初日は、少しの音でも怯えている様子でした。

2〜3日くらいで、徐々に目を瞑る姿が長くなりましたが、それまでは、全然気が休まらなかっただろうと思います。

ケージから出すのも慣れてからの方が良いのかもしれませんね。

 

手間を掛けたくなければ、柵は販売されている市販の物を購入するのが簡単です。

お金を掛けずに納得のいく物が作りたいのであれば、100円ショップにも材料になるものが沢山あって便利ですよ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。