【チンチラ】臆病なチンチラを連れて帰った1日目【飼育】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

フェレットを亡くしたペットロスの反動でしょうか?

こんにちは。あだじょぱです。

デグーという小動物をペットショップから連れ帰った翌々日、なんと、別のペットショップでチンチラをお持ち帰りしてしまいました。

デグーは、人懐っこくて自分から近寄ってきたり、鳴き声で飼い主を呼んだり、本当に可愛らしい動物なんですけど、なんと無く他のペットショップへも行ってみたくなったのがきっかけとなり、チンチラに出会ってしまったのでした。

 

 

チンチラの初日の様子

 

チンチラは個体差もあるかもしれませんが、臆病な草食系。

お持ち帰りの際は、ダンボールの箱に入れられていましたが、怯えたような鳴き声で鳴いていました。

その時は、車で移動していたのでケージを買い足して帰宅しました。

 

 

動かざること山の如し

 

連れ帰ってすぐにケージ内に「かじり木」等を設置し、連れ帰ったチンチラを入れてあげました。

しばらく様子を見ていると、ケージの奥の隅で体を丸くして固まったまま動きません。

目は少し閉じたような感じでしたが、少しの物音で見開きます。

 

連れてきた時から、人間に近寄ってきていたデグーとは違い、人間に対する警戒心も強いみたいです。

それに先客のデグーが大暴れするケージの音が響いていたので、デグーが動く度に目を見開いて警戒していました。

 

温度管理の難しさから、デグーとチンチラのケージを離せないので、慣れて貰うしか無いと上下にケージを並べて生活する事になりました。

チンチラは、部屋を散歩させるので、下の段にケージを設置。

しかし、殆ど動かず定位置で固まったままのチンチラ・・・。

 

 

チンチラの餌はデグーと共用?

 

チンチラの餌についてもペットショップで確認済み。

今現在、デグーに与えている一番刈りのチモシーで大丈夫との事。

餌が共有出来るのは、飼っていく上では便利なので助かります。

ペレットは、念のためチンチラ用を購入しました。

 

チンチラもデグーと同じく主食はチモシーという牧草で、アルファルファのペレットを副食として与えて栄養を補います。

ですが、人が見ていると、ペレットを渡しても、一応、前足? で受け取りますが

ポロっと落として食べてくれませんでした・・。

 

受け取ってはくれるのね

 

とはいえ、食べないワケでは無くて、チンチラは夜行性なので、夜寝る前に餌を置いておけば、翌朝には綺麗になくなっているという感じ。

夜中の寝静まった頃に食べているみたいでした。

 

 

砂浴びと交流

 

あと、デグーと同じく湿気に弱いので、お風呂に入れたりお湯で体を洗う事が出来ません。

やはり、チンチラも砂浴びが必要で、専用の砂を購入しました。

 

ペットショップで使っていた物と同じ砂入れを購入すると、常時、その中に入って顔だけを出していました。

その後、木の箱をケージに設置したのですが、砂入れと木の箱を往復して、どちらかにいる時間が長いです。

 

折角なので、デグーともお互いを見せて見ようとケージを横に並べて見ましたが、デグーのGOROは鳴き声を発して興味津々なのに対し、デグーより体の大きなチンチラは怯えて、背中を向けたまま無視していました。

 

デグーはオスで、チンチラはメス

GORO、いきなりの失恋か?

フラれた感じです。

 

 

臆病なチンチラのNANA

 

これまで、フェレットの「JIRO THE EMON」、デグーの「GORO THE EMON」と命名してきたので、チンチラには、「NANA」と名付けました。

家族は納得していませんが、個人的には「NANA KO STAR」という名前。

家族は、「NANA」だけで良いと言っています。

 

NANAは、かなりの臆病者なので初日は動く姿を殆ど見ていません。

餌も手渡しは勿論、餌入れに用意しても周囲に人の気配があると、一切食べてくれないくらいでした。

このまま人間に慣れないんじゃ・・?なんて思うくらいでした。

 

もし、慣れなかったとしても飼った責任として、きっちり面倒をみる決意ですが、正直、気持ちの面では悲しいですよね。

なんとか根気よく愛情で接して見ようと思います。

 

 

全然噛まない

 

デグーは、大暴れしながらも自分から寄ってくるので、少し指で撫でてやると喜んでくれるのですが、お礼のつもりなのか指を噛んでくる事があります。

しかも、指を近づけただけで噛んでくる事もあります。

 

チンチラのNANAは、指を口元へ持っていっても噛みつかず、匂いを確かめて、(`へ´) フンって感じでした・・・。

いや、確かに良い匂いしないけどさ・・。

 

 

最後に

 

初日の様子がデグーの時と大きく違ったので少し不安になりましたが、個体差による性格なのかもしれないし、1日じゃよくわからないことだらけ。

デグーは生後半年くらいの子を連れ帰りましたが、チンチラは、もう生後1年くらい経過した子だったので、環境の変化に慣れるには時間が掛かる可能性があるのだと思います。

長い目で見て、根気よく接していく必要があるのかもしれないですが、頑張って、肩に乗るくらい仲良くなりたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。