【デグー】1日目から人懐っこくて可愛らしいデグー【飼育】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

そろそろデグーを飼って1週間。

こんにちは。あだじょぱです。

ペットショップで一目惚れして連れ帰ったデグーちゃん。

我が家へ来て1週間以上が経過し、徐々に慣れてきたご様子。

初めて見た時から、ケージ内で大暴れしていた「やんちゃ」な男の子ですが、購入時は、本当に飼うつもりが無かったので何も持たずだった為、小さな虫かごみたいな容器でお持ち帰りでした。

 

 

デグーを飼った初日の様子

 

デグーは、人懐っこい小動物なので、基本は、人が近づくと向こうから寄ってきます。

これだけでも可愛い存在なんですが、小さいのに賢いです。

 

 

お持ち帰り

 

ですが、流石に初日は小さな容器に入れられ、その日は飼うつもりも無かったので、車で外出しておらず、地下鉄で移動し持ち帰りしたという事もあって、かなり怯えた様子が見られました。

地下鉄移動では、札幌の外気温に比べて暑いくらいだったので心配でしたが、怯えてなのか鳴くことも暴れることも無く大人しくしていました。

ショップでは容器を紙袋に入れてくれたので、デグー側からも外は見えないので、相当怖かったんじゃないかと思いますが。

 

ペットショップには、夫婦で行っていました。

デグーを見つけて数匹いる中から、「この子だ!」と決めても、その後の説明や手続きで時間が掛かりました。

ペット保険にも加入したので、タブレットで手続きや確認の作業があったのです。

 

地下鉄を降りた直後、少し鳴き声が聞こえたような気がしましたが、そのまま急いで自宅へ入りました。

 

 

自宅到着で新居となるケージへ

 

自宅へ到着してすぐにケージに必要な物をセットし、小さな容器から移動。

しばらくは、怯えながらもケージ内を確認するように動き回っていました。

初日は、必要最低限の物しか用意できず、デグーからしてみれば、「ショボイ家に引っ越しさせられたぜ」と思ったかもしれません。

それでも、様子を伺っていると回し車で激しく遊んでいました。

 

ペットショップでも回し車で遊んでましたし、人が近づくと不思議そうな顔をして、デグーの方から寄ってきていましたが、自宅でも同じような感じ。

ただ、まだ慣れていないので、警戒はしている様子です。

 

 

餌は今までと同じ物

 

デグーは、チモシーという牧草を餌として与えますが、副食として栄養素を補うペレットを与えます。

この2つは、ペットショップで与えている物を聞き、同じ銘柄の商品を購入して与えるようにしました。

 

環境が変わると食べなくなる心配がありましたが、全く気にする様子も無く、驚くほどの食欲で食べていました。

前足で掴んで食べる姿がまた可愛いんです。

 

どうやら食べている感じからペレットが好きみたいです。

しかし、チモシーを主食とし、ペレットはあくまで栄養素を補うものとして与える量は調整する必要があります。

チモシーは、容器に入れておくと入れただけ食べるので、無くなったら補充するのでは無く、時間を決めて与えるようにしました。

 

 

コミュニケーション

 

デグーは、「アンデスの歌うネズミ」と呼ばれる動物。

その為、色んな鳴き声が聞けます。

初日は、警戒しているのか自宅へ着いてから数回鳴き声を発していました。

 

怖い時や、飼い主を呼ぶ時、餌が欲しい時などに鳴き声を発します。

これもまた可愛い。

ケージの外から眺めていると、こちらへ寄ってくるし、体を触るように撫でても逃げることもせず、喜んで前足が上がります。

 

 

まだ認めてはいない

 

随分と初日から人懐っこいデグーですが、まだ飼い主として認められていません。

飼い主と道められると手にも乗ってくれるらしいのですが、まだ手を出しても前足しか乗せてくれず、警戒して逃げてしまいます。

 

それ以外では、怯えられたり嫌われたりという事は無いので、きっと時間の問題だとは思いますが、早く乗せたいです。

体を撫でるのは、嬉しいみたいなのになぁ。

 

 

名前を付けた

 

デグーちゃんでは、ちょっと可哀想なので、名前を付けてあげる事にしました。

嫁と相談した結果、前に飼っていたフェレットの「JIRO THE EMON」の弟分という事で、「GORO THE EMON」にしました。

まぁ、ゴローって呼ぶんですけどね。

 

JIROは、5年半で亡くなりましたが、未だに忘れられない思い出が沢山ある大事な家族。

時々、GOROに向かってJIROと呼んでしまうくらい。

GOROが間違えて覚えると困るので、気をつけています。

 

 

最後に

 

初日は緊張していたのでは無いかと思いますが、昼行性のGOROは、夜は大人しく眠っているようで朝も家族が起き出してから活動を始めていました。

人間の生活リズムに合わせて生活が出来るみたいです。

可愛い奴だな。GORO。

まだ窓から聞こえる外の騒音にはビクビクしていますけど、今日も元気に暴れまわっています。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。