鳴いてお知らせ デグーの魅力を教えます


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

ペットで小動物を買う時にどの小動物か迷う事ありますよね?

こんにちは。あだじょぱです。

デグー、チンチラ、ウサギ、フェレットと飼っていますが、実際にこの中で初心者向けで、且つ飼いやすいと思うのは、ダントツ1位デグーさんです。

自宅の環境で犬などが飼えず、小動物を飼う人も多いと思います。

そんな時に飼いやすくて愛着が湧くのは、デグーさん。

忙しい一人暮らしの方でも飼い易いのでオススメです。

 

 

デグーのオススメポイント

 

小動物って飼い易さが魅力だと思うんです。

ハムスター、モルモットにウサギとか。

種類も豊富な小動物ですが、その中でもオススメなのが、デグーなんです。

 

そこで、デグーのオススメポイント!

  • 低コストで飼える
  • 大きな病気にかかりにくい
  • 世話が簡単
  • 昼行性なので夜は寝てくれる
  • 鳴き声のバリエーション
  • 人懐っこくてとにかく可愛い

 

 

低コストで飼える

 

ペットショップで販売されているデグーは、寿命の割に生態の価格も安価です。

ハムスターなどと比べると少し高いかもしれませんが、手軽に購入できるレベル。

7,000円〜18,000円くらいが多い気がします。

 

必要な物もケージなど他の小動物と同じように負担がありますが、主食は牧草のチモシーと栄養補給のペレット。

トイレは覚えないので不要です。

ショップで購入すると高く感じるかもしれませんが、ペット関連の商品はネットでも安く手に入ります。

札幌でデグーというペットを飼う

2017.10.13

 

 

大きな病気にかかりにくい

 

正しく飼えば大きな病気にかかりにくいのもデグーのオススメポイント。

フェレットをインスリノーマで亡くした事がありますが、闘病生活は、見ているだけでも辛いですし、通院や手術などで費用負担も大きかったです。

フェレットは、インスリノーマになる可能性の高い動物なので、飼う時から考えていましたが、想像以上でした。

フェレットの飼育とインスリノーマ闘病と別れについて

2017.09.22

 

デグーは、与える食べ物によっては糖尿病になる可能性が高くなるので、基本、チモシーとペレットを正しく与えていれば大丈夫なんです。

 

 

世話が簡単

 

ペットは飼いたいけど世話が大変とお考えの皆さん。

朗報です。

デグーの世話は、超簡単。

忙しいアナタでも短時間でチョチョイのチョイです!(死語?)

そこの部分が引き出し式のケージであれば、メインは引き出して掃除。

時々、砂浴び用の砂を交換。

後は毎日の餌を朝晩に与えるのみでOK牧場!!(ガッツ石松?)

 

気が向いた時に遊んであげるのも可能ですし、慣れてくれば、デグーの方から手のひらに乗ってきます。

それがまた可愛いんですよ!

 

 

昼行性なので夜は寝てくれる

 

夜勤の皆さんごめんなさい。

デグーは、昼行性の動物なので夜はグッスリおやすみタイム。

一般的な学生や会社員であれば、人間の寝る時に寝てくれるので、生活リズムが崩れるなんて事はありません。

 

夜行性の動物を飼う場合は、そうはいきません。

夜中にケージ内を暴れまわる音や、鳴き声がしたら眠れませんから。

デグーのケージを寝室と離れた場所に置いていますが、我が家のデグーは、朝早くに起きても人の気配を感じるまでは、ケージ内でおとなしくしています。

 

 

鳴き声のバリエーション

 

デグーは、表現力豊かな色んな鳴き声を発します。

慣れてくると、なんとなく理解できる感じになってきました。

警戒している時や、怒っている時、遊んで欲しい時や餌が無くなった時など、その様々な場面に応じて鳴き声を変えてきます。

 

ギターを弾いていると、急に鳴き出す事があるので、歌を歌っているようです(笑)

 

更に、餌がない時などは餌箱を叩きながら鳴いたり、怒ってイライラしている時は、凄い勢いでチモシーを投げ捨てたり、指をケージに入れると払いのけたりします。

これもまた可愛いんです。

 

 

人懐っこくてとにかく可愛い

 

最後は、この人懐っこさ。

ペットショップで見かけた時点から人懐っこさを発揮していました。

その時は、デグーが回し車を回していたのですが、ケージの外側から覗き込むと、こちらを向いて近寄ってきました。

これでハートを射抜かれたようなもんです。

 

自宅へお迎え後もケージに近づいただけで寄ってきます。

そして首を傾げるような仕草を見せるのが最高に可愛いんです。

もう、おやつ与えちゃう!

デグーって可愛すぎる

2017.10.25

 

 

デグーの鳴き声について

 

デグーは、鳴き声のバリエーションが特徴だと書きました。

一緒に生活していると結構鳴き声を聞くことになります。

ですが、安心してください。

鳴き声自体は、そんな犬のように大きく響く感じではありません。

どちらかと言えば、小鳥の囀りに近い感じです。

そのくらいの声で何種類もの鳴き声を使い分けているんです。

 

餌を食べている時に体に触れるとブーブーという感じで、ブーイングのような鳴き声を発します。

又、飼っている他の小動物が近づくと最初は声をかけるように、小さな声でピピッと鳴きますが、警戒に変わるとキーキーと鳴き声が変化します。

飼い主を呼ぶ時には、ピーピーと鳴くこともあり、本当に可愛いです。

 

デグーは、他の動物に対して会話を試みるようですが、チンチラやウサギには通じず、無視されたようになるので、毎回、キッキッからキーキーと威嚇のような声に。

 

我が家のデグーは雄なので、縄張り意識も強いみたいですが、他の動物たちと仲良くなるのは難しい様子ですね。

(´ε`;)ウーン…

 

 

まとめ

 

デグーの魅力が伝わったでしょうか?

デグーの魅力は実際に見てみる事で何倍にも倍増すると思います。

小さな体で頑張って何かを伝えようと鳴いている姿は、とてつもなく可愛いですよ。

それでいて飼い易いのですから、オススメしないワケありません。

チンチラ、ミニウサギも可愛いですが、ここまでの表現力は無いので、やっぱり、デグーって凄いと思います。オススメです!


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。