お迎えして六日目のペキニーズ(生後約2ヶ月)の様子


スポンサーリンク


スポンサーリンク



もうすぐペキニーズをお迎えして1週間。

こんにちは。あだじょぱです。

お迎えしてから5日間で寝不足が加速した我が家族。

子供達は学校もあるので、夜中に起こさないように注意しましたが、夫婦は揃って寝不足です。

 

関連記事

 

五日目には大掛かりな家具のレイアウト変更を行い、疲れもピーク。

さて、果たして六日目は無事に乗り切れるのでしょうか?

 

 

六日目のペキニーズ

 

基本は五日目と何も変わらずです。

どんどん我が家の環境に慣れてきて、甘える仕草が多くなった気もします。

いや、普通にただ可愛いだけなのかもしれません。

控えめに言って、めちゃ可愛いです。

 

 

疲れ果てて眠ってくれた模様

 

連日連夜悩まされ続けた排泄前の夜鳴きですが、昼間に遊ばせまくった為に夜中に起きなかった様です。

連夜の騒ぎだったので、ワンコの方も寝不足気味だったのかもしれません。

前夜は、寝る直前にトイレがしたくて暴れ始め、その後、無事大きい方を出していました。

トイレを掃除して、そのまま寝ましたが、朝までグッスリ眠っていました。

久しぶりに夜鳴きが無かった日。

 

五日目の昼間は何とか遊び続け、ご飯を与える時間や量も変更したので、どれが正解か微妙です。

試行錯誤しながら毎日少しずつ改善している手探りの状態。

なるべく遊ばせて、夜に起きないようにする作戦でしたが、成功したのかもしれません。

 

 

トイレトレーニングが失敗続き

 

トイレトレーニングは根気よくと言われていますが、失敗続きで嫌になります。

なぜかわざわざトイレじゃないところへ行ってするようになってしまった。

(ー_ー;)

 

トイレトレーニングでは、したそうなタイミングでトイレでさせるようにする流れ。

それは、わかっちゃいるんですが、したそうなタイミングに気付くのが遅いのです。

あっ!と思った時には既に終わっているんです。

そして気持ち良さげな顔でこちらを振り返るペキニーズ。

(ll゚ω゚)

 

まだまだ生後約2ヶ月。

トイレで寝る時もあるくらいなので、気長にやるしかありませんね。

こちらも初心者なので、熟練の者になれるようにお互いが成長すれば良い筈。

しかし、気合が入り過ぎて疲れる・・。

(*-д-)-з

 

 

病院へ検診に行ってきました

 

少し心配な事に排便時に糞に血が混じっている感じがありました。

予防接種は1回目が済んでいるので、次回は2回目ですがタイミング的にはまだ早い。

それならばと検診のみを受診する事にしました。

 

お迎えの日以来、車での移動は久しぶり。

ペキニーズもやや緊張しているように見えました。

初めて行く動物病院でしたが、人気の病院なのか広めの駐車場もほぼ満車状態。

診察を待つ人の中には、駐車場でわんこを散歩させている人の姿もありました。

 

それでもスタッフさんが多いのか、10人近く並んでいた順番もスムーズに流れ、意外と早く診察してもらえました。

先天性の病気とか心配事もあったので、医師の方に相談。

排便の件も相談すると、ペキニーズのお尻に何かをぶっ刺して検査してくれました。

ペキニーズは、ちょっと唸ってましたけど (;゚∀゚)

 

結果は特に異常なし。

先天性の病気も心配ないとの事でした。

便に血が混じっていたのは、肛門が内側で切れた為だと説明を受けました。

切れみたいなもん?

なんか可哀想・・。

 

 

早速、排便で苦しがっているペキニーズ

 

帰宅後に少し遊ばせて餌を与えたりしました。

いつもは、排便も夜中に1度だけ。

仔犬は結構回数が多いと聞いていたんですが、昼間に排便をする事がありません。

動物病院では、それは特に以上では無いと言う事でした。

 

しかし、この日はなんて言っても、お尻に得体の知れない物体をぶっ刺されて刺激を受けています。

なんか、もしかして、もしかするんじゃ無い?って期待が湧いてきますよね。

 

案の定、しばらくするとソワソワと落ち着きがなくなり、いつもの排便時と同様の暴れ方になりました。

お尻の切れぢが痛いのか、ここ最近、かなり大暴れしてからの排便です。

そして、出し切った後は、元気になっちゃうんですよね・・。

 

この日の後半になって、なんとか1回、トイレでオシッコをさせる事に成功しました。

まだ先は長そうです・・。

 

 

まとめ

 

仔犬を迎える場合、よく最初の1週間についてどうすれば良いのかで意見が分かれるみたいです。

  • ケージに入れて過ごさせて、あまり相手をしない
  • ケージに入れておくのは寝る時だけで他はフリー

 

どちらの意見が正しいのかって難しい気がします。

お迎えした犬の性格、これから一緒に暮らす住宅の環境なども関係しますから、その家庭に合った手段で臨機応変にやるしかなさそう。

トイレトレーニングは時間を掛けて失敗しても怒らず、成功させて褒め倒す方向で頑張ってます。

褒められるとドヤ顔みたいな表情になるんですよ。

これまた可愛いので、ペキニーズおすすめですよ〜。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。