【空知月形】空知の観光に月形の皆楽公園の夕陽【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

北海道の観光では車でドライブすることも多いのでは無いでしょうか?

こんにちは。あだじょぱです。

ご存知の通り、北海道を走る鉄道の路線が相次いで廃線決定となっています。

そうなると北海道を観光する際に利用者が増えると思われるのが、バスやレンタカーになると思います。

最近のレンタカーにはカーナビが標準装備されていますので、道に迷うことも少ないので便利だと思います。

冬のドライブは天候によっては危険もありますが、しっかりしたレンタカー会社であれば点検も常に行なっているでしょうからタイヤも冬タイヤで安心してドライブが楽しめます。

今回の月形町は、ドライブの途中で立ち寄ってほしい場所でもあります。

 

 

月形町

 

札幌から少し北に位置する人口が5,000人ほどの空知地方の町です。

個人的には月形といえば刑務所のイメージが強い(仕事で何度か訪問していたことも影響しているかも)のですが、キャンプ場や温泉もあり、札幌から近いので行きやすい場所で、夏場のキャンプでよく利用していました。

札幌から北の旭川方面へ向かうルートは、高速道路での移動が最短ですし、国道を走るにしても多くの方が、町から町へと抜ける(岩見沢や滝川など)国道12号線を走ると思いますが、西側を走る国道275号線が個人的に好きなルートです。

国道275号は、12号線と違い少し長閑なルート。

これぞ北海道という景色を眺めつつ道の駅を巡りながら旅が出来て楽しいです。

その国道を走っていくと月形町を通ることになります。

 

 

皆楽公園

 

4月から10月末までの利用になりますが、月形町でもメインの観光スポットで、公園内にある池では、ボートに乗ることが出来たり、サイクリングやキャンプが楽しめる憩いの場所です。

釣りでも有名なスポットなので、釣りが趣味の方にも良いと思います。

キャンプ場は、自前のテントで利用の場合だと200円の清掃料だけで宿泊が可能です。

面倒だという人のためにバンガローもあります。

4人用のバンガローで利用料は1泊4,000円なので、自前のテントで利用するの方が、お得感があります。

遊びの面では、パークゴルフ場もありキャンプで暇になった時間を利用して、家族や友人たちと楽しめるようになっています。

 

水辺のキャンプ場になるので、注意が必要な事もあります。

それは、蚊が多いというところ。

僕がキャンプをした時は、蚊取り線香をぶら下げたり虫除けスプレーを常備していました。

気のなる方は、キャンプじゃなくて少し立ち寄るくらいが良いと思います。

キャンプ場のある場所から、徒歩で少し行ったところに月形温泉があります。

 

 

月形温泉ゆりかご

 

 

皆楽公園に隣接する温泉施設があり日帰り入浴ができます。

キャンプ場を利用する場合にとても便利な温泉施設ですが、キャンプが苦手という方であれば、月形温泉ホテルという宿泊施設もあります。

 

日帰り温泉施設(ゆりかご)は、冬季営業も行なっています。

サービスも充実しているので何度も行きたくなるような温泉施設です。

利用料は大人500円で、駐車場も完備です。

毎月第3火曜日が定休日になっています。

施設内には珍しく毛染め専用コーナーがあったりします。

もちろん露天風呂もあるので開放的な気分の温泉を楽しむことも可能です。冬場は雪が降る中で温泉に浸かるのも楽しみの1つですよね。

 

 

夕陽

 

tukigata

皆楽公園からの夕陽が、とても綺麗です。

夕方に散策することがあれば、是非夕陽の景色も併せて楽しんで欲しいスポットです。

駐車場もあり、キャンプだけでなく、少し散策に立ち寄ることもできる公園なので、時間があれば車を停めてフラフラ歩くだけでも癒しになるかもしれません。

水辺の公園なので、少し地面が湿っていてサンダルなどだと濡れてしまうかもしれないですが、そんな時は近くの月形温泉にゆっくり浸かると良いと思います。

この公園以外にも、山の方へ車で少し行けば、道民の森や月形ダムといった観光スポットもあるので、スケジュールに併せて月形町を観光するのも良いですね。

 

 

アクセス

 

札幌から少し北側へ国道275線を走り、少し入ったところにあります。

札幌からだと1時間程度の距離です。

 

 

 

最後に

 

オススメのルートは、札幌から旭川などへ向かう際には高速道路を利用し、帰りのルートで、国道275線を走り、夕方くらいに月形に入れば、夕陽と日帰り温泉を楽しんで、札幌へ戻れるので良いのかなと思います。

特に、キャンプ場が利用できる夏場の観光シーズンであれば、国道275号線方面にある雨竜町の道の駅や、北竜町のひまわりなど観光の幅が広がります。

中には入れませんが、月形町では、月形刑務所も有名です。

因みに月形町では、定住化を促進させるべく、住宅を新築する資金の一部について補助が受けられる制度、月形町定住化促進住宅補助制度というものがあります。

北海道へ移住したからには、隅々まで楽しみたいのですが、本当に北海道は広いので、移住しても簡単ではないですね。まだまだ時間が掛かっても、色々と巡って行こうと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。