札幌市中央卸売市場の場外市場で海産物や珍味を買う

スポンサーリンク






 

札幌には中央卸売市場の場外市場があります。

こんにちは。アッシュです。

札幌で海産物のお土産を購入出来るところは多く存在しますが、有名なところでは二条市場が人気です。

そして、中心部から少しだけ離れたところにある札幌市中央卸売市場の場外市場。

こちらも、朝市感覚で飲食も楽しめる場所で、人気の観光スポットになっています。

二条市場や小樽、函館にあるようなカニの試食も味わえたりw

 

今回は、場外市場の佐藤水産へ行ってきました。

佐藤水産は、札幌市内だけでも多くの店舗がある有名店です。

石狩のサーモンファクトリーが有名な人気店で、新千歳空港内にもショップがありますが、この場外市場は雰囲気が好きですw

羽田空港にもありますよね (*¬。¬) …ボソッ

 

 

札幌市中央卸売市場 場外市場

 

 

パッと見た感じ、函館の朝市と似たような雰囲気に感じる場外市場。

平日しかも冬場という事もあって人は少なめでした。

 

人が少ない日は、歩いているだけで試食を勧められまくるので食べ放題w

白米持ち込みたくなりますな。

 

周辺には無料の駐車場が沢山あり、バスも駐車スペースがあるくらいなので、観光でも人気の場所。

 

 

見やすい看板が出てます。( ー`дー´)キリッ

 

無料駐車場は第1から第4までありますね。

お店を見て歩くのを考えれば、第2あたりが便利かと思います。

場外市場には、飲食店も豊富なので、飲食時にも無料の駐車場は便利。

 

関連記事

 

 

 

佐藤水産 市場店

 

時々、珍味とか食べたくなるお年頃。

焼酎のアテに佐藤水産の珍味なんて最高なんですよね。

観光客のお土産や、地元の人でもお世話になった人へ贈り物で購入する人も多いです。

 

アクセスと営業時間

 

JR札幌駅の西側へ1つの桑園駅が最寄り駅。

地下鉄だと東西線の二十四軒駅。

札幌の中心部からも近いので車だと10分程度の距離です。

 

 

駐車場は、場外市場の無料駐車場があります。

 

 

営業時間:7:00〜16:00(1月〜5月)7:00〜16:30(6月〜12月)

休日:元旦のみ

住所:札幌市中央区北11条西21丁目 札幌市中央卸売場場外市場内

 

 

 

購入したもの

 

 

珍味をメインに気になった物を購入して帰りました。

おにぎりのみ集合写真に入れ忘れるという不覚。

主に調味料と珍味を購入しました。

 

購入した物の内訳
  • 鮭ルイベ漬け(大瓶)
  • 鮭バターフレーク
  • 鮭醤油
  • PON酢
  • たこトンビ
  • さけっぴマヨネーズ味
  • ほたてチーズ
  • おにぎり(鮭)

 

東京農業大学の名誉教授が総合プロデュースした鮭醤油と、その魚醤を使用したポン酢。

それだけでも凄く美味しい雰囲気ですが、本当に美味しい調味料たち。

何にでもかけたくなります。

 

ほたてチーズは、その名の通りほたて貝柱とチーズの珍味ですが、やみつきになる美味しさで危険です。

北海道は美味しい物だらけなので、油断したらメタボに一直線ですね。

 

 

たこトンビ

 

 

限定品として販売されていた珍味です。

たこトンビって何だろう?って思いますよね。

 

実は、たこの口の部分何です。

 

そんなんチューしてるみたいやん!

 

って誰もが思わないような事を思って躊躇していたら嫁がサクッとお買い上げ。

道産子の嫁が昔よく食べたとか言ってました。

めっちゃチューしてたんやな。

 

脱線してしまいましたが、このたこトンビ、たこの口の部分ですから多くは取れない部位です。

そう貴重な珍味という事なのです。

味は、たこのスルメって感じですが、ちょっと珍味特有の堅さが気になります。

歯が健康じゃないと、厳しいかも。

 

持って行かれます!

 

((((; ゚Д゚)))ガクブル

 

それと、黒い部分は殻のようになっているので、食べられません。

ご注意を。

 

 

おにぎり あきあじ

 

 

おにぎりを販売していました。

1度は素通りでお店を出ましたが、気になって再度お店へ戻って購入してみました。

他にも筋子とかたらこって種類がありましたが、ここは黙って鮭をチョイス。

なにやらズッシリ重たいおにぎりの感触。

 

開封するとデカイ物体が姿を現します。

 

 

割ってみると中身はギッシリ詰まった

美味しく無いワケがありません。

1個で満腹になるボリュームでした。

美味し!

 

 

鮭ルイベ漬け

 

 

ちょっと高級食材w

最近話題のルイベ漬けです。

白米と一緒に食べたいルイベ漬け。

先ほどの鮭醤油入りの特製ダレに漬け込んで、鮭といくらの美味しさをギュッと凝縮したものです。

もとはアイヌの料理の1種で、鮭を雪に埋めて冷凍保存し、食べるときは凍ったままの鮭を小刀で切り分けて、火で炙り、少し解凍してきたところで塩をふって食べるもの。

-20℃以下で冷凍する事で、保存ができる上に、寄生虫を死滅させるという料理方法。

冷凍時に水分と一緒に脂も落ちて、臭みを感じなくなり鮭自体の風味が増すとも言われています。

 

 

寄生虫を死滅させる為には、家庭用の冷凍庫では難しい -20℃以下にする必要があるので家庭でルイベを作るのは推奨されません。

 

 

関連記事

 

 

最後に

 

ウニとか蟹も良いけど、珍味や調味料もオススメですよ。

特に人気の高い鮭のルイベ漬けは、ご飯がすすむので勝手に体重が増加しますw

札幌だと中心部に近いという事もあって、二条市場が観光でも人気ですが、少しだけ足を伸ばして札幌市中央卸売市場の場外市場も美味しいものが沢山揃うのでオススメ。

飲食店も多くあるので、函館の朝市のような感覚で食べ歩きが出来ます。

鉄道だと少し不便に感じるかもしれませんが、車なら広い駐車場があるので気軽です。

海産物が好きであれば、ぜひオススメしたいスポットです。

スポンサーリンク









コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーが好き。怪しい者ではない。