【札幌】札幌観光の定番ですが羊ヶ丘展望台はこんな感じ【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



札幌市内の中心部からそう遠くない場所に、テレビなどで見かける絶景が広がる観光スポットがあります。

こんにちは。あだじょぱです。

テレビ番組のワンシーンなどで、クラーク像の背後に広がる札幌市内の光景を目にした事はありませんか?

とても有名な場所で、人気の観光スポットの1つです。

札幌の観光では必ずと言って良いくらい観光プランに組み込まれるスポット。

羊ヶ丘展望台という名前の通り羊も放牧されているので、羊好きの羊マニアには堪らないスポットですよね。

 

市内中心部からも近く、展望台から市街地を一望する事も出来ます。

そんな事から老若男女を問わず人気の観光スポットの羊ヶ丘展望台。

さすがに中心部から歩いて行くのは大変ですが、車だと中心部からも時間がかからないので、アクセスは便利だと思います。

バスも出ていますし、公共交通機関でもレンタカーでも、気軽に立ち寄れる場所。

お酒を飲むのならバスで、それ以外ならレンタカーを借りて、他の観光スポットと一緒に回るのがお得。

 

 

基本情報

 

 

札幌市の豊平区に広がる羊ヶ丘展望台は、戦前から羊を飼育している施設でした。

戦後になって北海道農業試験場の一角に、観光スポットとして展望台が出来ました。

敷地内には、クラーク博士像をはじめ札幌ブランパーチチャペル、クラークチャペル、レストハウス、オーストリア館、雪まつり資料館、羊さんのおうちなどの施設があり、クラーク像の前が芝生になっていて、ゆっくりくつろげます。

 

展望台のシンボルとなっている少年よ大志を抱けで有名なクラーク像。北海道大学の前身である札幌農学校の初代教頭だったクラーク博士は、農業技術を教え現代農業の礎を築いた人物で有名ですね。

クラーク像の背後には、札幌市内の市街地の景色が広がっており、敷地内でも絶好の撮影ポイントです。

 

因みにクラークケントは、スーパーマンです。地球での名前はクラーク・ジョセフ・ケントなんですね。そしてスーパーマンは、80万トンの物体を持ち上げる程の怪力を持ち、40メガトンの核爆発に耐える耐久力があるんですね。

 

あ、関係無い話に脱線してしまった。ごめんなさい。

 

 

主な施設

 

足湯

 

D55_0008

 

自動販売機でタオルを販売していて、写真の透明なガラスの奥が足湯になっています。

今回は、稚内の少し札幌側(南側)にある豊富町の豊富温泉の温泉で、10月末迄との事です。

11月以降のスケジュールはまだわからないですが、道内各地の温泉が順番に入れ替わっているシステムみたいですね。

温泉じゃない時は水道水を使用してるみたいですが。

 

D55_0007

足湯は無料で入れます。季節によって入れる時間が異なるので、行く際には事前に確認しておいた方が確実です。

足湯に入ったからといって、スーパーマンにはなれません。

 

雪まつり資料館、羊のおうち

 

足湯の奥側には、さっぽろ雪祭り記念館があり、雪祭りに関する資料が展示されています。

無料で入る事が出来ます。

隣接するクラークチャペルは閉まってました。観光客用にトイレも完備されています。

更に奥に行くと羊たちのおうちという小屋がありますが、羊たちが放牧されていたので小屋は空になっていました。

 

オーストリア館・レストハウス

 

DSCF7386

オーストリア館では、お土産やちょっとした売店で食べ物を販売しています。レストランが隣接されていて、丼ものやジンギスカンがメニューとなっています。

関連記事

 

 

 

札幌ブランバーチ・チャペル

 

羊ヶ丘展望台にあるチャペル。

札幌ブランバーチチャペル。

このチャペルで結婚式を挙げる人もいます。

この場所だと観光客や羊たちにも祝って貰えそうですね。

 

D55_0016

 

目の前には芝生が広がっていてクラーク像も近いので札幌の街を展望できます。更にチャペルの上も展望になっていて、羊ヶ丘展望台のより高い場所から見学が出来ます。

北海道内には、普通の式場以外にも観光スポットで挙式が出来るところがあるので、海外挙式も良いですが、国内なら北海道も良いんじゃないでしょうか?

 

最近、北海道の何人かの知り合いの挙式に行きましたが、皆さん普通に式場でした。(汗

 

おさえておきたいポイント

 

  • 7月頃は、敷地内のラベンダーが見頃です。
  • 1月上旬~3月上旬は スノーパークで雪遊びが出来ます。
  • クラークはスーパーマンの方では無い

 

 

 

アクセス

 

羊ヶ丘展望台へは、車でのアクセスになります。

地下鉄東豊線の福住駅からバスで10分ほど。札幌駅からだと30分程度ですね。新千歳からもバスが出ていますが1時間くらいの所要時間となります。

 

 

 

料金・営業時間

 

  • 入場料金:大人520円 小学生・中学生:300円(お得な年間パスポートあり 1,000円)
  • 営業時間:年中無休(時間は時期により変更あり)

 

周辺の飲食店

 

[LocketsHotpepper shopid=”J001100964"]

 

 

最後に

 

札幌市内中心部から余裕で日帰りが出来る有名な観光スポットです。

クラーク像が入るように札幌市街の風景を写真に撮るのが定番。

施設内では、ジンギスカンも食べる事が出来るので飲酒するのであれば、公共交通機関のバスを利用し、飲酒しないのであれば、レンタカーで行くのが便利だと思います。

やはり、展望台なので景色が良い晴れた日がオススメ。

 

少年よ大志を抱け!


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。