さっぽろ雪まつりが開幕!行ってきた・撮ってきた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

いよいよ毎年恒例のさっぽろ雪祭りが開幕しました。

こんにちは。あだじょぱです。

普段から家でゴロゴロしているだけなので、開幕と同時に行ってきました。

雪まつりは、大通公園会場とつどーむ会場、すすきの会場があります。

今回は、大通公園のメイン会場と、すすきの会場へ行ってきました。

雪まつりに行けない方の為に、写真多めでお届けします。

 

 

さっぽろ雪まつり

 

さっぽろ雪まつりについて簡単に触れておきます。

毎年2月に行われるイベントで、精巧に制作される雪像は毎年素晴らしい出来です。

このイベントの開催中は、普段にも増して観光客が増加します。

開催期間が短めなので、なかなか都合が合わない方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

(今年は2月6日~2月12日まで)

 

3つの会場で開催され、それぞれの場所で違ったイベントになっています。

 

大通会場

雪まつりのメイン会場で、よくテレビ中継される精巧な雪像の並ぶ会場です。

大通公園の1丁目~12丁目の間で、大雪像や市民雪像など設置されています。

又、会場内には多くの飲食系ブースが出展しているので、

雪像を観ながら、お腹を満たす事も出来ます。

 

 

つどーむ会場

少し中心部からは離れていますが、第2会場という扱いの会場になります。

大通会場は観る事がメインの会場なのに対して、

つどーむ会場は遊びがメインの会場になっています。

雪で出来たすべり台やスノーラフトなどが有り、お子様が喜べるような遊びが出来ます。

休憩所や飲食ブースもあるので、長時間遊ぶ事も可能。

一般車両の駐車場が無いので、ご利用時はシャトルバスで。

 

 

すすきの会場

コンセプトは、氷。アイスワールドという会場になっています。

大通公園の雪像に対し、こちらは氷の氷像が並ぶ小さめの会場です。

サラリーマンなら、仕事帰りに観ることも多い会場ですね。

展示場所は小さめですが、飲食店の並ぶ中心部にあるので食事にも困りません。

 

 

大通会場の様子

 

それでは、ここから雪まつりのメインとなる大通会場の様子を

都合で行けないという方々も、行った気分を味わって頂けるように、

写真をメインでお届けします。(画像は圧縮)

 

 

テレビ塔側(1丁目)から

テレビ塔側からは、しばらく西へ進まないと雪像は出てこないですね。

2丁目は、大氷像の展示でした。

大通会場は、北の通路と南の通路に分けられています。

北の通路が西への一方通行。南の通路が東への一方通行になります。

 

 

 

3丁目のこちらは、イベント会場になっていました。

雪の巨大ジャンプ台でスノーボードやフリースタイルスキーを観る事が出来ます。

時間が合わず行った時は観る事が出来ませんでした。

寒かったので、そのまま先へ進んでしまいました・・・。

 

 

雪のファイナルファンタジー(4丁目)

 

 

 

4丁目のファイナルファンタジー。最初に現れた大雪像になります。

早速、プロジェクションマッピング作品でした。

 

 

ステージと雪像(5丁目)

 

 

その先に進むと綺麗にライトアップされた雪像をバックに少女が歌を披露していました。

5丁目会場の台北賓館の雪像です。

申し訳無いのですが、この人たちが誰なのか知りません。

 

 

HBCフランス広場(7丁目)

フランスの凱旋門。7丁目はHBCフランス広場。

右側にはサラブレッドと騎手の雪像。競馬の有名な世界的レースの一つに凱旋門賞というのがありますが、その凱旋門賞を制するようなサラブレッドが誕生するようにと願いを込めて作られた雪像との事です。

周囲にはJRAの看板が沢山並んでいました。

 

奈良 興福寺 中金堂(8丁目)

 

 

 

8丁目は、雪のHTB会場。雪像は奈良の興福寺 中金堂。

こちらもプロジェクションマッピング作品になっていました。

海外からのお客さんに凄く人気でした。

 

 

市民雪像(9丁目)

9丁目は、市民雪像の会場になっていました。上手いですよね。

しかし、この会場で圧倒的な人気だったのは、

 

 

やはり、ここでもPPAP人気が凄かった。ピコ太郎。

市民が作ったものですけど上手いですよね。

 

 

スターウォーズ(10丁目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10丁目会場は、スターウォーズ。

こちらもプロジェクションマッピング作品でした。意外と時間短め。

並ぶのに時間がかかる割に、あっさり終わります。

 

雪まつりは、カップルで行くと別れる。と言っていた先輩と歩いた事がありました。

数ヶ月後、その先輩は会社を辞めて去って行きましたが。

堂々とカップルで行きましょう。大丈夫です。たぶん・・。

 

 

飲食ブース

会場内の至る所に飲食系ブースがあります。

北海道の特産品から海外のものまで有りました。

屋根付きの休憩スペースもありましたが、酷く混雑していました。

 

 

ホットモヒートだけ購入。とにかく寒いんです。

 

 

国際雪像(11丁目)

11丁目の会場には海外の方が作る雪像が並びます。

 

ん?

 

 

まだ出来て無かった・・・・。

 

お、おそらく開催期間中には、出来るんだと思います(汗

 

 

雪ミク(初音ミク)

 

 

雪まつりから生まれたキャラクターらしいですが、詳しくは知りません。

けど、なんか人気があるみたいだったんで写真撮ってきました。

グッズも売っているみたいです。

 

 

すすきの会場

 

すすきの会場は、規模が小さい会場です。

氷がメインなので、大通公園と違い氷像が並んでいます。

 

氷像

 

 

これは、ごく一部で他にも氷像は並んでいます。

雪まつりを楽しんだら、すすきのへ行って氷像を観た後に食事という流れが良さそう。

開催期間が短いですけど、気温にも左右されますから行く方は、お早めにどうぞ。

写真おしまいっ!

 

 

アクセス

大通公園とすすきの会場は割愛します。

つどーむ会場は、知らない方がいらっしゃるかも知れないので載せておきます。

 

 

まとめ

今回はD750で撮影してきました。D750については、下記を参考にしてください。

【カメラ】 D750とD500で悩んだ末に買ったのは 【購入】

 

毎年、多くの観光客で賑わうイベントですが、大通会場は地面が凄く滑ります。

この日も転んでいる方を数名、お見かけしました。

混雑しているので、足元を確認するのも大変ですが雪像ばかりに気をとられていては、転んでしまい、慣れていない方だと怪我をする事にもなるので、気を付けてください。

プロジェクションマッピング作品は通路で立ち止まる事を禁止されています。

少し中へ入って観るようになっているのでご注意を。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。