【後志積丹】積丹ブルーの神威岬【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

小樽の西側、日本海へ突き出した積丹半島。

こんにちは。あだじょぱです。

積丹半島の北部にある積丹町は、その昔ニシン漁で栄えた町です。

現在では、ウニが有名ですが、他にも季節によって様々な海の幸が水揚げされています。

そんな積丹町の北の端に、有名な観光名所である神威岬があります。

神威岬から眺望出来る日本海は、美しいくらいに澄んだブルーで、積丹ブルーと呼ばれています。

コダックブルーとか色々あるんですね。

今回は、D750とX70を持って行きましたが、海外からの観光者が多かった印象。

カメラを2台も持って1人でウロウロしていたからなのか、途中、スマホでのシャッターを押す役目をお願いされたので、撮影してあげましたが、僕自身が驚くくらい良く撮れた事もあって、非常に喜ばれました。

日本語でお礼を言われましたが、ちょっぴり嬉しかったです。

実は、撮影の腕じゃ無く景色が良かっただけなんだけど・・。

 

 

神威岬へ行ってきた

 

神威岬までは、札幌市内から約90kmほどの距離があります。

高速道路が小樽までは続いているので、札幌や新千歳空港からでも充分日帰り可能です。

小樽から余市を抜けた先くらいから、日本海側の海岸沿いを走る事が増え、2km級の長いトンネルも含め、沢山のトンネルを抜ける国道229号線を進みます。

幾つかのトンネルは新しくなりましたが、古いトンネルは自転車や徒歩だと厳しそう。

海岸沿いだけでなく、草木の生い茂る間を走り抜ける区間も多いので、なんだかヒグマに遭遇しそうな雰囲気でした。

 

 

神威岬の先端まで

 

神威岬に到着すると、広い駐車場があるので車を降りて、そこから先へは徒歩になります。

駐車場にはトイレがありました。

神威岬の先端までは距離があるので、心配な方は済ませておくと良いと思います。

そして、神威岬周辺は禁煙です。

 

 

写真の左側に見える道が、神威岬の先端へと続くルート。

これは、駐車場からすぐの場所ですが、結構な傾斜になっているので、ご注意を。

 

 

坂を登りきったところにあるのが、女人禁制の門です。

神威岬の先端までは約770mあり、起伏が激しく細い道となっており、この女人禁制の門の閉門される時間が決まっている為、遅い時間に来ると先端まで往復出来ない可能性があります。

開閉時間は、時期や天候によって変化する事があるので、都度確認して下さい。

 

 

女人禁制の門を抜けると、神威岬の先端までチャレンカの小道と呼ばれる道が続いています。

道は狭く階段や傾斜になったところがあり、結構疲れます。

 

 

所々で立ち止まり景色を楽しみながら歩くと、疲れにくい気がします。

青空が広がった天気の良い日に訪れたい観光スポットです。

 

 

先端へと向かうチャレンカの小道の途中で見える景色です。

風が強い日は、帽子など持ち物が飛ばされないように注意が必要ですが、この時は、とても気持ちの良い風を感じながら、景色を眺める事が出来ました。

 

 

同じくチャレンカの小道の逆側を見ると、綺麗な澄んだ積丹ブルーがありました。

なんだか吸い込まれそうです。

 

 

このような日本海の景色を眺めながら、神威岬の先端まで向かいました。

実際に行って積丹ブルーな日本海を見ると、写真だけでは伝わらない感動があると思います。

 

 

神威岩

 

 

起伏の激しいチャレンカの小道を歩いた甲斐がありました。

先端から見える景色には、よく見かける風景。

これが、神威岬の先端から見る事が出来る岩は、澄み切った海中に立ち尽くす乙女の化身と言われている神威岩です。

このポイントが、神威岬の最終地点となります。

 

 

アクセス

 

小樽から国道5号線で余市方面へ向かい、余市で国道229号へ入り積丹町を目指します。

国道229号線に入ると、神威岬までの途中、トンネルが多く長いもので2kmほどあります。

自転車や徒歩の方は、ご注意を。

 

 

 

 

最後に

 

積丹町には、ウニを使ったウニ丼や海鮮丼が食べられるお店もあります。

神威岬の展望台は、積丹町の中心部からは少し離れており、売店などはありません。

小樽を通るのなら小樽運河を観光するのも良いと思います。

【小樽】小樽運河とその周辺で観光と食べ歩き【観光】

2016.10.05

 

小樽から国道を走って70km近くあるので、約1時間30分くらいは掛かります。

神威岬の駐車場から神威岩の見える先端までは、往復で30分くらい掛かるので、車での移動時間も含め、時間に余裕を持って行動するようにしたいところ。

なにより天気によって見える景色も変わってしまうので、快晴の晴れた青空が広がる日に訪問したい場所だと思います。

付近への観光の際は、是非、神威岩の見える場所まで歩いてみてください。

本当に綺麗で感動します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。