【札幌】野外展示が凄い! 札幌芸術の森【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

札幌で芸術を楽しみたいのならオススメのスポットがあります。

こんにちは。あだじょぱです。

札幌の中心部から少し離れた長閑な場所に芸術作品を観賞できるような施設があります。

地下鉄とバスを乗り継いで行くような場所にあるので、周辺は静かな環境です。

それが、札幌芸術の森。

カップルでもご家族でも楽しめそうな場所で、オススメは野外展示場。

野外の自然溢れる森の中を歩きながら、その自然風景にとけ込むように設置された芸術作品の数々を観賞出来るので、天気が良い日は最高の気分を味わえます。

個人的には、カップルに行って欲しい場所ですね。

 

 

基本情報

 

dsc_1048

札幌の南区にある美術館。

メインの美術館では時期によって様々な美術展示があり、それとは別に固定型の展示物が敷地内に点在する野外美術館や、工芸の魅力が満載の工芸館があります。

美術展示作品を観て愉しむも良し、実際にクラフト体験するも良し。

カップルで来ると、より楽しめます。

芸術に興味が無い方でも、野外展示場は引き込まれる世界観と公園感覚なところがあるので、飽きることがなく安心です。

 

美術館は自然に囲まれた場所にあります。

野生の生物や植物が沢山存在するので、自然を感じながら楽しめるような環境になっています。

特に美術作品に興味が無くても充分愉しめる要素があるので、美術館以外の場所でも、カメラを持って野生の生物を追いかけたり、夏は昆虫を捕まえる事も出来そうです。

 

dsc_1045

芸術の森美術館側の駐車場から入ってすぐの場所には、文豪有島武郎旧邸があります。

が、スルーしました。

今回は、野外美術館の方へ。

余談ですが、時間や時期によっては女性モデルを撮影する撮影会のような団体さんが時々撮影をされています。

風景が絵になるという事でもあるのかな。

 

 

野外美術館

 

dsc_1080

札幌芸術の森美術館の建物がある場所からは、反対方向の奥へ入ったところに芸術の森センターというのがあります。

こちらで美術館のチケットを販売しており、野外美術館への入口があります。

芸術の森美術館側にある駐車場に車を停めて歩くルートと、奥のアートホール側に停めて歩くルートがありますが、前者だと長い階段を通る必要があるので後者の方が近いです。

 

芸術の森の景色を見ながら歩きたいという事であれば、美術館側に駐車して長い階段を歩いていく方が自然を満喫出来ます。

その際は、時期によっては、虫が沢山いますのでご注意を。

平日は混雑が無かったですが、休日は駐車場が混雑している可能性もあります。

 

 

dsc_1053

入口の傍から既にそれっぽい雰囲気が漂っています。

この日は流れていませんでしたが、普段は壁を滝のように水が流れています。

青空が広がる野外美術館なんて、絶対カップルで来ると良いと思うんですよね〜。

 

 

野外展示

 

dsc_1063

結構広い敷地に74点の作品が展示されています。

作品を全て見て歩くのには1時間以上掛かりました。

個性的な作品ばかりで、友達やカップルで来ている方が多く、楽しそうに歩いていました。

写真の展示作品も個性的ですが、このような作品が多く展示されています。

季節や時間によっては見え方が変わるかもしれませんので、写真は参考程度にしかならないかもしれませんね。

実際に行くとまた違った見え方かもしれません。

青空が広がっている方が綺麗に見えます。

天候も大事ですね野外は。

 

dsc_1058

平日の朝という事もあって野外美術館は空いていました。

展示作品もゆっくり見学出来るので平日の午前中は、オススメです。

空気が少し冷んやりしていて、秋の訪れを感じながら、新鮮な空気を吸い込みゆっくり出来ました。

展示作品の中には、写真のような展示物があり中に入れます。

中は冷んやりしていました。

 

天気が良い日にカメラを持って、展示作品の撮影をしながら散策するのも楽しいと思います。

1時間くらい歩くので、良い運動になりそう。

 

dsc_1070

時々、危険なエリアに迷い込んだんじゃないか?と思うような作品が展示されています。

突然見えると少し驚いてしまいますが。

一応、入口で貰ったパンフレットに各展示作品が記載されているので、前もって確認しておけば安全です。

所々に分岐があるので、効率よく周りたい場合は、地図を確認しながら進まないと迷う可能性もあります。

迷うと1時間では全てを見て周れなくなるので、時間に余裕が無い方は注意が必要です。

結構な分岐があったんで、パンフレットはすぐに広げて確認できるようにしておいた方が良いです。

それにしても、何かジャングルの奥地に迷い込んだみたいで、映画に出てきそうな雰囲気でした。

 

dsc_1066

Σ(゚Д゚;)! 何でしょうか、この作品は?

僕は、芸術には疎いのでこの作品については恐怖しか感じないです。

すみません。

なんか真ん中なんて顔しか無い・・・んですけど・・・。

棒の先に顔があると言うか・・・。

隣の2体は、ロボでしょうか?

考えれば考えるほど不可解な作品でした。

なんか夢に出てきそうです。

 

本当に様々な作品が展示されているので、同行者と一緒に会話を楽しみながら観て周れますし、こんな怖い展示作品が急に出てきたら、驚いた女性に抱きつかれるかもしれませんね。

男子諸君!いざ、気になる彼女と芸術の森へ!

 

dsc_1077

 

爽やかな気候と自然の風。

天気が良いと景色が良く、歩いていても木々が多く涼しいので気持ちが良いです。

敷地は本当に広く迷いそうなくらいですが、案内所で効率よく回れるルートを記したパンプレットが貰えるので、矢印に従って進むと効率よく展示作品を観る事が出来ます。

野外美術館の敷地内には、佐藤忠良記念子どもアトリエという体験型ギャラリーがあり、彫刻や美術作品の展示しています。

併設するワークショップでは、子供達が創作活動をしていました。

 

 

野外美術館の営業時間/料金

 

4月29日〜11月3日(無休) 9:45〜17:00まで

入館料:大人700円(野外美術館)

駐車料金:普通車500円

 

 

アクセス

 

公共交通機関の場合は、地下鉄南北線の真駒内駅より中央バスで芸術の森又は芸術の森センター停留所下車。

車の場合は、市内中心部から約30分ほど。

 

 

 

最後に

 

dsc_1068

一人で訪れるのも良いですが、数人で会話しながら見て歩くのが楽しそうです。

敷地が広く普通に歩いて1時間くらい掛かるくらいですので、休憩しながら観るともう少し時間が掛かりそう。

予定には、余裕を持っておいた方が良いと思います。

遠くまで行かなくても、札幌市内で自然を満喫できるのが良いところ。

特にカップルであれば、良い雰囲気を作れそうだと思いませんか?

札幌市内で宿泊の旅行の方だと、日帰りで楽しめる観光スポットです。

 

芸術の森からは、滝野すずらん丘陵公園が近く一緒に行ってみるのも良いと思います。

又、少し離れますが、支笏湖方面にも行けるので、観光を楽しむ合間に芸術の森へ立ち寄るのも良いかもしれませんね。

 

是非、札幌市内の観光を満喫してください。

運転は気を付けて。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。