【富良野】謎の深山峠のトリックアート美術館【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

美瑛町と上富良野町の間に怪しげに建つ美術館、それがトリックアート美術館です。

こんにちは。あだじょぱです。

旭川と富良野を結ぶ国道237号線、通称富良野国道の美瑛町と上富良野町の間にある深山峠(みやまとうげ)に怪しげな建物があります。

深山峠の展望台と観覧車があるので、観光で訪れる方も多い場所。

その怪しげな建物がトリックアート美術館。

様々な仕掛けのある展示物を楽しめるので、お子様連れの方やカップルに人気の観光スポットになっています。

美瑛町や上富良野町を観光すると途中で通る事も多いので、時間があれば立ち寄ってみると楽しめるかもしれません。

 

 

深山峠

 

深山峠の展望台には、どなたでも撮影が出来る人気の眺望スポットがあります。

北海道観光でも美瑛町や富良野町は人気のある地域ですので、深山峠をドライブで走り抜ける事もあるのでは無いかと思います。

周辺の山々や景色を見渡せる大きな観覧車や、お土産品を販売する売店などが設置されているので、長距離ドライブの休憩にも良い感じです。

 

 

深山峠の売店で、札幌では見かけない飲料を購入してみました。

富良野天然水仕込みと書かれているガラナとコーラ。

ん? 富良野って天然水有名だったっけ?

まぁ、自然が豊かだから天然水も美味しいに違いない!

そう思って購入したのでした。

味は・・・ 普通かな・・。

 

 

展望台の傍にはテーブル席、その奥にはバーベキューテラスがあってジンギスカンを焼いているグループもいました。

美味しそうな匂い・・。

この深山峠からの景色を眺めながら食べるジンギスカンも良いですね。

屋根付きのテラス席なので、日焼けの心配もありません。

屋外で火を使うので、エアコンが無いからランチタイムは暑いですけど。

平日は、意外と空いていました。

 

 

トリックアート美術館

 

右手に見える怪しい建物がトリックアート美術館です。

奥側の観覧車があるところに深山峠の売店やトイレ、展望台などがあり、トリックアート美術館が併設されているような感じ。

申し訳ないけど外観の造りは雑です・・。

近づけば近づくほど、その雑さが入るのを躊躇わせる勢いがありました・・。

ここまで来たら勇気を出して入ってみましょう。

 

 

料金について

トリックアート美術館は、有料の美術館です。

 

一般の美術館入館料金

  • 大人1,300円
  • 中学/高校生1,000円
  • 小人(小学5年生以上)700円

観覧車の乗車料金

  • 一般(小学5年生以上)600円

観覧車&美術館共通券

  • 大人1,500円
  • 中学/高校生1,200円
  • 小人(小学5年生以上)900円

 

 

あと、1年間の有効期限内で利用し放題となる年間パスポートもありました。

 

年間パスポート

  • 大人2,000円
  • 中学/高校生1,800円
  • 小人(小学5年生以上)1,600円

但し、冬期間は観覧車が営業していないので、トリックアート美術館しか利用できません。

 

 

 

トリックアートとは

トリックアート美術館の展示内容は、観て驚くような仕掛けが施されているものばかり。

その為、内部を公開してしまうとネタバレ感があって、実際に訪問する際の楽しみが減ってしまうので、当ブログでは、やめておきます。

 

 

雰囲気は、このような感じです。

扉が飛び出しているような絵が展示されていますよね。

内部は薄暗い感じですが、写真撮影出来るので、お子さんとの思い出や、カップルならデートの記念に写真を撮って楽しめます。

友人グループで爆笑しながら楽しんでいる人たちもいました。

若い学生さんのグループみたいでした。

 

 

アクセス

 

旭川方面から上富良野へ向かう国道237号線沿いにあります。

国道を走っていると観覧車が目印です。

深山峠の展望台と隣接のトリックアート美術館前に無料の駐車場があります。

 

 

 

最後に

 

深山峠展望台からの景色は、快晴の日なら広い範囲で自然が広がり綺麗です。

お土産品などの販売コーナーもありますが、富良野や美瑛に向かう途中であれば深山峠で購入する必要は無さそうです。

深山峠からの景色を楽しみながらジンギスカンを味わいたいという方は、テラス席でジュージュー焼いて食べる事が出来ます。

 

トリックアート美術館は、友達との旅行や、お子様連れのご家族、カップルなら楽しめそうなので時間があれば立ち寄っても良いんじゃないでしょうか。

峠と言っても道は険しく無いのでご安心を。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。