【富良野】麓郷 アンパンマンショップと富良野ジャム園【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

富良野には、なぜだかアンパンマンショップの支店があります。

こんにちは。あだじょぱです。

アンパンマンは子供たちが幼いうちは、大好きなキャラクターですよね。

そのアンパンマンの直営ショップの支店が富良野にあるんです。

しかも、市街地から離れた麓郷に。

麓郷は、ドラマ「北の国から」で撮影が行われた市街地から離れた自然溢れる田舎な雰囲気の奥まったところにあります。

その麓郷の自然の中に建っているのがアンパンマンショップ。

隣接した場所には、富良野ジャム園があり、週末には家族連れの方や観光客で賑わい、駐車場も混雑するくらいになる事も。

 

我が家も子供が小さい頃には、このアンパンマンショップで服や玩具を購入しました。

今では、子供たちも大きくなって、一緒に出かける機会が殆どありませんけど。

おっと、話を戻して、そんな麓郷のアンパンマンショップと富良野ジャム園へ行ってきました。

 

 

アンパンマンショップ

 

 

建物を1度通り過ぎた先に駐車場があります。

駐車場は、幾つか分かれてあるので空いているところに停める感じです。

富良野の市街地中心部からは、結構な距離なので車で来る事になると思いますが、週末や連休中は混雑する事が多いです。

駐車場からすぐのところにあるのが、アンパンマンショップ。

お店の玄関先には、石で造られたアンパンマンのキャラクターが、お出迎えしてくれるかのように並んでいました。

これは、お子さんがいたら喜びますよね。

入口に向かって左側(写真では切れてますが・・)には、小さな噴水やベンチがあり、小さなお子様でも遊べるようになっています。

 

店内は、アンパンマン関連のキャラクターグッズが所狭しと並んでいて、子供を連れて入るとなんでも欲しがるので困るくらいです。

キャラクターの玩具や、衣類など様々なものが販売されているので、大人は子供に買ってあげたくなります。

まぁ、嫁さんに止められますけど

 

我が家も子供が小さい頃に服を購入しました。

このアンパンマンショップへ訪れる直前に子供が着ていた服を汚したからですが・・。

でも、偶々購入した服を気に入って着ていたのが印象的です。

最近では、お子様連れの方だけでなく、海外からの観光客も多いようなので、週末や連休の混雑は、注意したいところですね。

 

 

富良野ジャム園

 

 

アンパンマンショップの隣に建っているのが、富良野ジャム園のショップです。

こちらは、地元である富良野ジャム園で製造されたジャムの直営ショップになります。

 

富良野ジャム園で作られるジャムは、素材にこだわり、北海道の新鮮な素材ばかりを使用した無添加無着色のジャムです。

富良野は、昼と夜の温度差が大きく、野菜や果物が美味しく育つ環境で食材の宝庫。

そんな素材にこだわったジャムなので、他にはありません。

更に、水を加える事なく、素材の水分だけを使って煮込み、時間と手間をかけた製造を行なっているので、濃厚なジャムに仕上がっています。

 

 

今回は、2種類のジャムを購入しました。

人気No.1のハスカップジャムと、黒すぐり(カシス)。

ハスカップは、アイヌの不老長寿の薬と言われた木の実で、ビタミン、有機酸、ミネラルが豊富です。

酸味が強めに感じますが、程よい甘さがあって美味しい人気のジャム。

ブルーベリーの約10倍のアントシアニンが含まれているらしいので、健康志向な方にはピッタリで、北海道ならではのジャムだと思います。

 

黒すぐりって?と思いましたが、カシスの事みたいです。

カシスが好きな女性も結構いるんじゃないかと思うので、女性へのお土産に良いかも。

甘酸っぱい感じで美味しいですよ。

嬉しいことに通販もあります。

 

 

 

その他のお取り寄せもありますので参考にどうぞ。

十勝・富良野のお土産グルメのお得なお取り寄せ

 

 

アクセス

 

市街地からは、国道38号線を麓郷方面へ向かい東へ15kmほど行ったところ。

途中にドラマ「北の国から」の五郎の拾った家があるのが目印。

アンパンマンショップと富良野ジャム園が隣接して建っており、その少し先に駐車場が見えます。

 

 

最後に

 

富良野は自然を楽しめるような観光スポットが豊富ですが、小さなお子様は飽きてしまうかもしれません。

観光旅行の予定にアンパンマンショップを入れておくと、お子さんも楽しめそうです。

富良野からは、美瑛方面の観光もオススメですよ。

首都圏など都会からの旅行であれば、普段の生活では味わえないような大自然がいっぱいですので、観光を満喫した後は、大自然が育んだ美味しいお土産を持って帰ると喜ばれます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。