【白老】アイヌ伝承のポロトコタン【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

胆振と書いていぶりと読みます。

こんにちは。あだじょぱです。

札幌の南、新千歳空港から先の苫小牧を越えたあたりにある白老町。

白老町と言えば白老牛が有名ですが、ここ白老にアイヌ文化を伝承する場所があります。

それが、ポロトコタンです。

 

 

ポロトコタン

 

アイヌ民族博物館。

新千歳空港からは勿論、札幌市内からでも日帰りが出来る北海道の観光スポットです。

北海道の先住民であるアイヌ民族に関する事を知る事が出来るので、大人から子供まで幅広い層の方にお勧めの観光スポットです。

 

 

基本情報

 

img_7477

アイヌは、北海道・樺太・千島列島およびロシア・カムチャツカ半島南部にまたがる地域に居住していた。母語はアイヌ語。現在、日本とロシアに居住する。

アイヌは、元来は狩猟採集民族である。文字を持たない民族であったが、生業の毛皮や海産物などをもって、現在のロシアのハバロフスク地方アムール川下流域や沿海州そしてカムチャツカ半島、これらの地域と交易を行い、永く、このオホーツク海地域一帯に経済圏を有していた。

1855年日露和親条約での国境線決定により、当時の国際法の下、各々の領土が確定した以降は、日本国民またはロシア国民となった。21世紀初頭の現在、日本国内では、北海道地方の他に首都圏等にも広く居住している。

ーWikipediaより引用ー

 

アイヌに関しては上記のように記載されています。

アイヌと言えば、北海道には読みにくい地名が沢山あるのをご存じでしょうか?

その殆どがアイヌ語が語源となった地名の数々。

そんなアイヌ独特の言葉や民族衣装、楽器など色んな事を知る事が出来る場所になっています。

今では少なくなってしまったアイヌの文化ですが、北海道の各地に点在するアイヌ文化を伝承する施設の1つが、ここポロトコタンです。

 

 

実際の様子

 

img_7494

ポロトコタンの内部にある建物も、普通の建物じゃありません。かやぶきの家(チセ)です。

ポロト湖畔に集落のように存在するポロトコタンですが、静かな場所でゆっくり見学が出来るような環境でした。

行った時は、野生のようなヒグマが檻の中に入っていたのですが、動物園の熊とは違い迫力があるので少し驚きました。

子供達は近寄るのも嫌がっていました。

 

北海道に住んでいると、難しい地名が沢山あるのですが、その殆どがアイヌ語が語源であり、それぞれの地名にハッキリとした意味が存在するので大変興味深い文化で、北海道内の各地にアイヌ文化に関する場所が存在しています。

普段の生活の中では、知る事が出来ないような発見など、大人でも子供でも楽しめる観光スポットだと思いますので、ご家族の方には特にお勧めです。

 

img_7485

かやぶきの家の内部には、様々なアイヌ文化に纏わる物が展示されています。

アイヌの手工芸は、お土産物などで有名ですが、実際にとても綺麗でカッコイイ物が多く何でも欲しくなってしまいます。

普通の古民家とは違ったルックスにも、強いこだわりを感じる物が多いという印象ですね。

 

そして施設内には、アイヌの衣装を着た方々がいらっしゃいます。

実際に手工芸を体験出来たり、貸衣装を着ることも出来ますので、アイヌ文化に直接触れる事でなんだか古い時代にタイムスリップしたような気分を味わえます。

特に子供達は喜びそうな雰囲気だと思います。

 

img_7501

かやぶきの家(チセ)を見学し、アイヌの人々の当時の暮らしや環境などを知る事が出来ます。

お子さんたちも古い時代の雰囲気の中で、楽しみながら勉強になるので、親子で行くのも良いのではないかと思います。

アイヌ民族の衣装を来た方々が踊りを披露する時間もあり、勝手に楽しい気分になりました。

 

普通に観ているだけで2時間くらいは経過していたように思います。

北海道やアイヌ民族の歴史に興味があるので結構楽しめましたが、連れて行った子供達も楽しんでいました。

北海道内には、他にもアイヌに関する場所が沢山あるので、全てを巡るのも良いかもしれません。

時間がかかりますけどね。

 

 

営業時間/料金

 

営業時間:8:45~17:00まで

駐車料金:普通車300円

入場料:大人800円

体験は別途料金が発生します。

 

 

アクセス

 

車の場合、札幌から高速利用で約1時間ほど。

公共の交通機関を利用の場合は、JR白老駅から徒歩で約15分です。

 

 

最後に

 

北海道の歴史の中で欠かすことの出来ないアイヌの文化ですが、普段の生活の中でその文化を知る事は難しく、このような博物館を訪れて実際に使われていた道具や建物などを眼で観て、アイヌについての話を耳で確かめる事が出来るのは、素晴らしい事だなと感じました。

影響を受けやすいと言われれば返す言葉もありませんが、ポロトコタンへ行った帰りにはアイヌ文化についての本を数冊購入していたほどです。

 

学校での勉強も大事ですが、こういった観光スポットで実際に体験をしたり、身体で感じながら楽しく学ぶ事もあって良いと思います。

札幌や新千歳空港からも遠くない場所にありますので、北海道へ観光に訪れた際は行き先の1つとして参考にして頂ければと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。