【札幌】札幌市内の藻岩山展望台【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

リニューアルしてから行って無かった藻岩山。

こんにちは。あだじょぱです。

札幌には、展望台が沢山ありますが、神戸や長崎とともに日本新三大夜景に認定された展望台があるのをご存じでしょうか?

2011年にリニューアルされてからは、とても綺麗になりました。

今回は藻岩山展望台をご紹介します。

 

 

基本情報

 

d75_1160

札幌の中央区にある藻岩山ロープーウェイもいわ山麓駅

藻岩山展望台へは、登山によるルートと自動車で中腹まで行くルート、そしてロープーウェイで行くルートがあります。

自動車でもリニューアル前は展望台付近まで行けたんですけど、今は中腹までしか行けないらしく中腹からは、徒歩かケーブルカーに乗って頂上へ行く事になります。

その際、自動車で走る藻岩山観光道路が有料道路の為、ケーブルカーに乗ると通行料とケーブルカー料金の両方が掛かります。

中腹には、お土産などの売店があり、山頂展望台には夜景を観ながら食事が出来るレストランがあります。

ランチもあります。

 

 

実際の様子

 

ロープーウェイに乗ってみた

 

d75_1161

今回は、ロープーウェイの駅前にある駐車場へ車を停めてロープーウェイで移動する事にしました。

ロープーウェイはガラス面が大きく景色がよく見えるようになっていました。

僕が利用した際には、車椅子に乗った方が数名いらっしゃいましたが、地下鉄などのように乗務員さんが車内へ案内されていました。

内部には手すりのような物と対角に椅子が設置されていましたが、座れる人数は少なめです。健康な人なら立って景色を観た方が良いですけどね。

所要時間5分掛からないくらいで中腹の駅に到着します。

 

d75_1190

途中で反対側のロープーウェイとすれ違います。外観は同じ。

一緒に乗務員の女性が乗り込み景色や藻岩山について説明のアナウンスをしてくれます。

が、景色に夢中で聞いてませんでした。すみません。

中央区という場所にあるので、自宅からも近く藻岩山も見えているのですが、いつでも行けるという気持ちが逆に行かない事に繋がっていました。

リニューアルされてから行こうと思っていたのに・・。

今回は思い切って年間パスポートを購入しました。

 

このロープーウェーで中腹まで移動したら、今度はケーブルカーへ乗り換えて山頂へ向かいます。

ケーブルカーの名前はもーりすカーです。

ここから山頂までは徒歩でも行けます。

自然を眺めながら歩く方も結構いらっしゃいます。

所要時間2分ないくらい。

 

d75_1171

山頂の展望台からの景色です。

街がミニチュアみたいに見えます。

思わず子供のように自分の家を探してしまいますね。

札幌駅や札幌ドーム、札幌テレビ塔を見つけて喜びました。

山頂の施設としてレストランやプラネタリウムなどがあります。

藻岩山は登山コースもあるので登山者の方が休憩出来る場所もあります。

登山の場合は、ロープーウェイも使わず数カ所ある登山道で山頂を目指します。

熊が出そうですが。

 

d75_1184

山頂の展望台は、リニューアルされてから恋人の聖地になったようです。

北海道にも何カ所かありますね。恋人の聖地。

南京錠も結構な数がぶら下がっていました。

カップルで来るなら夜が良いですね。

恋人の聖地になったからといって、ひとり旅だと訪れにくくなった訳でもなくカメラを持った方も多いので気軽に行く事が出来ますよ。

おひとりさまもご安心を。

 

藻岩山をモチーフにしたスイーツもあります。

札幌ろまん亭のスイーツ

2017.03.07

 

 

営業時間/料金

 

ロープーウェイ運行時間:10:30~22:00(時期により変動)

 

ロープーウェイのみ往復:大人1,100円 片道:大人600円

もーりすカーのみ往復:大人600円 片道:大人300円

両方往復:大人1,700円 片道:900円

札幌の路面電車に、お得な割引チケットが置かれている事もあります。

 

車の場合、中腹までの藻岩山観光道路が有料となります。

藻岩山観光道路:普通車660円 二輪車(125cc以上):320円

※中腹から山頂までは車やバイクでは行けません。

人数が多ければ車で登る方が安上がりになるので、お得です。

 

 

アクセス

 

ロープーウェイ乗り場までは、札幌の市電(路面電車)が便利です。

札幌市電のロープーウェイ入口停留所下車、無料シャトルバスで約5分。

ロープーウェイ山麓駅の正面に無料駐車場があるので車を停めてロープーウェイを利用する事も可能です。

 

ロープーウェイを使わず車で行かれる場合は、国道230号線で藻岩山観光道路まで行き、中腹の駐車場に車を停め、山頂まではケーブルカーか徒歩になります。

 

 

最後に

 

リニューアルしてから初めて行きましたが、流石に見える景色は同じですね。

ロープーウェイが結構なスピードに感じました。

ガラス面が多く、景色が見渡せるようになっているので、高所恐怖症の方にはつらいかも。

高所恐怖症の女性と行く際には、しっかり抱きつかれる準備をしておきましょう。

カップルには夜がオススメ。

山頂のレストランは夜景を見ながら食事が出来るので、二人で夜景を眺めながら美味しいディナーなんて、ロマンチックが止まらないですね。

 

施設はリニューアルされてバリアフリー化されました。

どなたにも優しい藻岩山展望台となっていますので、札幌の街を見渡す絶景や美しい夜景はオススメです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。