【札幌】スキー競技で有名な大倉山ジャンプ競技場【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

札幌といえば、スキーのジャンプ競技が開催される場所。

こんにちは。あだじょぱです。

札幌の冬はウインタースポーツが盛んですが、中でもスキージャンプ競技が行われる大倉山ジャンプ競技場が有名です。

冬ではありませんが、大倉山ジャンプ競技場をご紹介します。

 

 

基本情報

 

d75_1202

札幌の中央区にあるジャンプ台、頂上部は展望台になっています。

冬場はスキージャンプ競技が行われ、観光シーズンは展望台に人が集まる札幌市内にある観光スポットの1つです。

ジャンプ台の頂上にある展望台へは、二人乗りリフトに乗って行きます。

 

 

ジャンプ台

 

d75_1195

実際に使用されるジャンプ台。下には表彰台があります。

観光の際は、この表彰台に上がって記念撮影が出来ますね。

大倉山自体が札幌市の高い場所にあるので、あの急斜面の頂上からジャンプするのは、相当の勇気が必要だと思います。

 

ジャンプ台の脇に二人乗りリフトが稼働していますが、リフトも急な角度で上がって行きます。

見てるだけで怖いです。(有料)

今回は、頂上の写真は載せていません(このリフト苦手です)すみません。

 

 

施設

d75_1203

大倉山ジャンプ競技場の敷地内には、レストラン&売店、それにスポーツミュージアムなどの施設があります。

こちらのレストランは、ジンギスカンがメインでランチタイムとディナータイムで営業しています。

売店では大倉山のオリジナルグッズも販売されています。

展望台側には、カフェもあるので景色を眺めながら休憩が出来ます。

 

スポーツミュージアムは有料ですが、スキージャンプ競技をはじめとするウインタースポーツ関係の資料が展示されており40分ほどで観て回る事が出来ます。

 

 

実際の様子

 

d75_1196

大倉山のジャンプ台は、ご自身の眼で実際に確認して頂きたいくらいの迫力です。

僕は高所恐怖症ではありませんが、このジャンプ台だけは苦手です。

こんなところを滑るプレイヤーの方は尊敬しかありません。

僕はウインタースポーツには興味が無い(寒いのが苦手)のですが、興味のある方ならウインタースポーツミュージアムと併せて楽しめるスポットだと思います。

 

 

営業時間/料金

 

展望台リフト

営業時間:8:30~18:00まで(時期により変動)

往復料金:大人500円

 

大倉山クリスタルハウス

営業時間:9:00~18:00まで(時期により変動)

 

ウインタースポーツミュージアム

営業時間:9:00~18:00まで(時期により変動)

入場料:大人600円

 

レストラン(ラムダイニング大倉山)

営業時間:11:30~14:00(ランチ)17:30~21:30(ディナー)

 

 

アクセス

 

札幌市内中心部から車で約20分です。

公共交通機関を利用の場合は、地下鉄東西線円山公園駅からバスで約10分。

 

 

 

最後に

 

d75_1201

札幌の観光スポットは、夏場と冬場では様子が大きく異なります。

大倉山もその1つだと思いますので、両方のシーズンで訪れてみると良いかもしれません。

雪が無くてもジャンプの練習などが行われている場合もありますので、実際に練習している選手の姿を見る機会があるかも。

高所恐怖症の方は、ご注意ください。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。