【余市】南保留太郎商店の燻製が凄い【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

北海道の余市町と言えば、食材の宝庫なのをご存じでしょうか?

こんにちは。あだじょぱです。

余市町は、余市北星高校でも有名な土地ですが、ニッカウヰスキーの工場などを目的に観光される方も多いと思います。

札幌からだと小樽よりも少し先にある余市町ですが、札幌からでも日帰りが出来る距離です。

今回は、そんな余市へ行ってきました。

 

 

余市町

 

余市町は、北海道の日本海側にある町です。

北海道の日本海側と言えば、昔はニシン漁が盛んで御殿が沢山あった事で有名ですが、余市町も昔はニシン漁が盛んでした。

ニシンの漁獲量が減少した為、現在は他の魚での漁業が盛んで更には、果樹園が多くリンゴや葡萄などが有名です。

観光スポットでは、ニッカウヰスキーの余市蒸留所がガイドブックなどに載っています。

 

 

道の駅 スペースアップルよいち

 

d75_1264

余市町にある道の駅は、宇宙をテーマにしたもので余市宇宙記念館があります。

日本人として2人目の宇宙飛行士となった毛利衛さんの出身地でもある余市町。

宇宙記念館には、プラネタリウムや3Dシアターなどの設備があります。

又、毛利衛さんの宇宙飛行に関する資料などの展示があるので、大人だけでなくお子様も楽しめるような施設になっています。

 

 

果汁100%のジュース

 

dscf7692

今回も道の駅で買い物をしてみました。

ぶどうジュースですが、それぞれ味が違う2本とりんごジュースが1本。

全て余市産の果実を使用したジュースで、ワインで有名なナイヤガラ、北海道特産のバッファローを使用したぶどうジュースと甘いりんごのふじを使用したりんごジュースになります。

 

味は、全て濃厚な果汁100%で、それぞれが特徴のあるジュースになっていました。

  • ナイヤガラ:ワインのような香りがし甘い中にも少しの酸味を感じる 432円
  • バッファロー:甘みと酸味が程好く飲みやすい感じ。 432円
  • りんごジュース:甘すぎず後味がサッパリした爽やかな飲み心地。 378円

 

道の駅に立ち寄る機会があれば、飲んでみて頂きたいですね。

 

 

アクセス

 

札幌から国道5号線を積丹方面へ進むと、2時間ほどで見えてきます。

駐車場の前に道の駅と宇宙記念館が併設されています。

 

 

 

燻製屋さん

 

お土産などで購入される事も多い燻製。

今回、ご紹介する燻製屋さんの商品もお土産として購入される方もいらっしゃると思います。

新千歳空港などでも取り扱いがあるのですが、足を運んでまで食べたいと思うようなお勧めの燻製もあります。

今回は実際にお店まで行って購入してきました。

 

 

安保留太郎商店

 

d75_1262

こちらは説明するまでも無いかも知れませんが、燻製屋さんの安保留太郎商店です。

すぐ傍が余市港で、正面に並ぶ建物の裏手はもう日本海なので、海岸特有の潮の香りが辺りに漂うような場所にお店があります。

 

僕が余市に行く大半はこの燻製を買いに来る為でもあります。

北海道では有名な燻製屋さんで色んな物が燻られています。

本当にバリエーションが豊富なので、レンタカーで積丹方面へ行かれるような方に立ち寄って頂きたいお店です。

普通に国道を走っていると見逃すかもしれませんので、カーナビなどを頼りに行く必要がありますが凄く美味しいのでお勧めです。

 

 

今回購入した燻製の数々

 

kunsei-kani-ash

有名なヘラガニの燻製。

これが、すごく美味しくて家族でハマっている燻製です。

食べ方が写真付きで記載された取扱説明書みたいなのが入っていて笑いましたが親切ですね。

3杯入って864円(税別)でした。

 

カニなのに・・ 

お得感あります

 

これは、味の説明が難しいので実際に購入してみて味わって頂きたいですね。カニを燻してるのですが、何か特殊な方法があってこの味が出せるのかな?と思います。

 

ヘラガニの燻製は日持ちしないので、購入後は早めに食べるようにと説明があります。

余市のお店でしか味わえないので、余市にお出かけの時にお勧めの商品です。

 

kunsei-iroiro

他にも沢山購入しました。どれも美味しいんですよ。

  • 甘エビの燻製 540円
  • 燻製野菜のキッシュ 864円
  • くるみの燻製 432円
  • ホタテの燻製 248円
  • 燻製卵4個入り 540円

 

一部の商品は、新千歳空港などでも販売されていますが、余市の店舗じゃ無いと購入出来ないヘラガニの燻製はオススメ。

実際に余市の店舗へ行っても、時期や時間によっては、目的の商品が無かったり、売り切れになっている場合もあるので、どうしても欲しい物がある場合は、電話で問い合わせを入れてから行くのが良いと思います。

 

 

アクセス

 

余市町に入ってからは、国道から少し外れた余市港側の道沿いにあります。

札幌からだと積丹方面へ国道5号線沿いに進み約2時間ほど。

 

 

 

最後に

 

余市町は、果樹園が多いのでフルーツ狩りなども有名です。

ワインに使われるような葡萄の生産も盛んな町で、漁業と果樹園などの農業の両方で有名なものがあるくらい食材の宝庫なんです。

そして、燻製屋さんですが、燻製と言えば安保留太郎商店というくらい好きなお店です。

我が家では家族が揃って大好きなので買った商品の奪い合いが起きるくらいです。

ヘラガニは殆ど嫁に食べられていました。

 

隣で燻香廊(けむかろう)というスモーク料理のお店も経営されています。

レンタカーなど車移動が前提になりますが、お勧めの燻製屋さんです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。