【胆振大滝】大滝のきのこ王国で味わえるグルメを堪能【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

北海道観光は、レンタカーなど車移動がお勧めです。

こんにちは。あだじょぱです。

北海道を観光する場合に、車でドライブしながら、行く先々で目的地までの、自然の景色を楽しむのが最高に楽しい観光の秘訣だと思います。

札幌から離れると、都会では味わう事が出来ないような風景が広がっています。

そんな車で行くような場所にあるのが、今回のきのこ王国(大滝)です。

 

 

きのこ王国(大滝)

 

以前は、大滝村という村だった場所ですが合併によって伊達市となりました。

 

基本情報

 

kinokooukoku

国道276号線沿いにある道の駅と隣接したきのこ王国です。

実は、きのこ王国自体は、北海道内に数カ所あります。

その中でも、この大滝のきのこ王国は本店の位置づけで、美味しい物の宝庫的な場所になっています。

札幌から洞爺湖への行き帰りなどで立ち寄れる場所で、僕は毎回この場所に立ち寄ってから目的地へ向かいます。

 

このきのこ王国には美味しいものが沢山あるので、何度も訪れてメニューを少しずつ制覇していきたいと考えているくらいです。

今回は、家族と一緒にお出かけだったので、少し多めに購入してみました。

店舗内には広いスペースに様々な種類の食べ物が並んでおり、凄い賑わいです。

テーブル席も施設内と外側にも用意されているので、座って家族で食べる事が出来ます。

 

 

肉巻きおにぎり(チーズ)

nikumaki

名前と見た目だけで、ヨダレが出そうなくらいだった為、即購入した肉巻きおにぎりです。

お肉とチーズって何故にこんなに相性が良いのでしょうか。

肉の味がしみこんだ米と、牛肉を包み込むように絡んでくるチーズが、口に中で混ざり合う感じです。

肉も柔らかいので、子供達も黙々と食べていました。

1個380円。

3個セットで1,080円。

販売している場所に並んでいる物は、レンジで温める事も出来ます。

 

 

旨トロチャーシュー

 

tya-shyu

デカいです!

これも見た目でやられました。

何を見ても美味しそうな物ばかり並んでいるので、どれを食べるかで非常に悩みます。

肉巻きおにぎりに続き、また肉系を選んでしまいました。

このチャーシューですが、味は少し濃いめで、白米が欲しくなる感じでしたが、非常に柔らかく食べやすい。

味が濃いので、白米などと一緒に食べるのがお勧めです。

680円でした。

 

 

ルスツ産豚串

 

butakushi

はい。また肉系です。

なぜか嫁が買いに行くと肉系ばかり僕に買い与えるのですw

僕を太らせて何かを企んでいるのでしょうか?

この豚串は、素材を楽しむ感じで味付けは普通かな。

肉が美味しいので子供達と奪い合いになり、ひとくちくらいしか食べる事が出来ませんでしたが、これまた白米が欲しくなりました。

お値段390円。

 

 

炊き込みごはん帆立

 

datehotate

こちらは、ご飯物で炊き込みご飯に帆立が入っています。

ようやく肉系から解放されたものの、炭水化物の米物でした。

これは太りそうだな。

この炊き込みご飯は、帆立の風味が強く染み込んでいて、帆立が好きな方なら購入しかありません。

帆立は小さめですが、先ほどの肉系をおかずに食べると美味しさ倍増でした。

これは、450円。

 

 

磯辺もち

 

imomochi

これはデザート系になるのでしょうか・・。

非常に柔らかく粘り気が強いモチで砂糖醤油と絡んだ味は、甘すぎず程よい感じに仕上がっていました。

お子さんや女性が好みそうな味ですね。

磯辺もちは、300円でした。

 

 

きのこ汁

 

kinokojiru

きのこ王国に来ておきながら、きのこを食べない訳にはいきませんよね。

きのこ王国が誇るキノコを使用したきのこ汁です。(キノコが沈んじゃってますが・・)

これがやはり美味しいんです。

きのこが新鮮で、我が家では子供達にも大人気です。

特に寒い日に、このきのこ汁を飲むと生き返ったような心地になります。

北海道は、本州から走ってくるバイクのライダーさんも多いので、雨に打たれたり少し寒い日のツーリングなんかには身体を温めるのに良いと思います。

きのこ汁は、108円でした。

 

 

その他

 

きのこ王国の建物内は、他にも沢山の商品が販売されています。

流石に全てを喰らい尽くす事が出来なかったので、行く事があれば追記していきたいと思います。

勿論、その場で食べるだけでは無く、テイクアウト出来る物もありますから、ドライブ中の限られた時間で観光をする際は、テイクアウトも大丈夫です。

 

 

アクセス

 

札幌市内から支笏湖を経由して国道276号線に入ると、道の駅フォーレスト276大滝と隣接する場所にあります。

入口が道の駅とは別にあるので、間違えないように注意が必要です。

入口を間違えて道の駅に停車した場合、徒歩でも行けますが車をきのこ王国側に停めた方が、断然便利です。

 

 

 

最後に

 

札幌市内から洞爺湖方面に向かう途中にある場所なので、どこか目的地へ向かうドライブの途中で立ち寄るようなスポットとして良い場所だと思います。

普段でも週末などは、駐車場が満車状態になるくらいのお客さんで賑わっています。

道の駅とは別にトイレなども完備されていますので、きのこ王国へ立ち寄って美味しい物を食べながら、ゆっくり休憩が良いと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。