【小樽】小樽運河とその周辺で観光と食べ歩き【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



札幌市のお隣、小樽市にある有名な観光スポット小樽運河。

こんにちは。あだじょぱです。

北海道観光では、定番の場所になりますが小樽運河周辺を歩いてきました。

札幌からも、お隣なので近くて行きやすいという事もありますが、結構頻繁に訪れる場所です。

小樽運河周辺は、色んな美味しい食べ物やショップがあるので楽しいんです。

小樽運河は、小樽駅からでも徒歩で10分~15分もあれば行ける距離。

札幌や新千歳空港からJRで移動しても不便はありません。

 

 

小樽運河周辺を歩く観光

 

 

小樽へ観光に来ると、小樽運河で記念撮影が定番。

ガス灯の並ぶ小樽運河は夜も綺麗に灯りがともり記念撮影には絶好の場所です。

運河の周辺には倉庫群や色んなお店が並んでいるので、お土産などの買い物や美味しい物を食べ歩くだけで満足が出来るような感じです。

 

 

周辺のお店を行く

 

小樽運河周辺には、ドゥーブルフロマージュで有名なルタオや、硝子細工の北一硝子の有名店をはじめ、オルゴール堂のようなお土産物を販売するお店、それに飲食店などが充実しています。

北一硝子やルタオは、この場所だけで数店舗あるので、観てまわるだけでも日が暮れそうです。

お店の数も多く、食事が出来るお店もあるので、何も困らないです。

 

otaruhiro

 

小樽自体は、小樽運河周辺以外にも小樽駅周辺の商店街や若鶏なると本店など、そして離れた場所には小樽水族館や天狗山と、楽しめるところが盛り沢山です。

小樽も観光スポットが満載ですね。

 

札幌に住んでいても、僕も家族も小樽が大好きで結構頻繁に通っていた時期がありました。

札幌が栄えるよりも前から栄えていた港町という事もあって、古き良き雰囲気も持ち合わせているような気がします。

 

北一硝子の各店舗では、店舗毎に違ったラインナップの硝子製品が販売されていますので、店舗を巡りながら、美しい硝子で出来た商品を選ぶことが出来ます。

彼女へのプレゼントに喜ばれるかもしれません。

彼女がいない人は、まず彼女をつくるところから。

 

オルゴール堂では、色んな種類の欲しくなるオルゴールを観る事が出来ます。

種類があり過ぎて時間があっという間に過ぎてしまいます。

そのくらい広い店内に所狭しとオルゴールが並べられているんです。

 

他にもお土産になりそうな物を、販売するお店が沢山あるので悩んでしまいそう。

観てるだけでも、充分楽しめるお店もいっぱいです。

少し前までは、運河周辺には駐車場も少なく小樽自体に宿泊施設も多くなかったので、遊びに行く際には小樽築港にあるショッピングモールに車を停めて歩いてみたり、周遊バスで運河へ行ったりしていましたが、最近は駐車場やホテルが増えてきました。

 

 

足湯もありました。 Σ(゜∀゜ノ)ノ

 

 

ルタオ(LeTAO)

 

小樽で立ち寄るお店としては、人気の上位に間違いなく入るであろう名店です。

現在では、ドゥーブルフロマージュも冷凍であれば、北海道外でも通販で手に入流ようになり、新千歳空港などでも出店していて、小樽以外でも味わえるようになりました。

そんなルタオは、小樽にも数店舗あります。

ルタオでは、美味しいスイーツを彼女と食べて、ご機嫌になる事間違いなしです。

ルタオ(LeTAO)プラスでパルフェフロマージュを食べてきた

2017.08.01

 

 

小樽かま栄のかまぼこ

 

小樽へ来たら必ず立ち寄るのが、かま栄。

 

基本情報

 

kamaei

まず驚くのが、関東ではさつま揚げ関西ではてんぷらと呼ばれて親しまれている魚のすり身を揚げた物体を北海道ではかまぼこと言うんですね。

僕の思っていた蒲鉾とは違いすぎる・・・。

北海道へ移住して初めてかま栄を訪れた時は、本当に意味がわからなかったです。

 

このかま栄のパンロールが最高で、クセになってしまいます。

小樽っ子のソウルフードと言われているそうですが、確かに美味しくて子供達も大好物です。

運河周辺の国道沿いに店舗があって販売していますが、併設されたお店では店舗内で食べる事が出来ます。

この店舗もマクドナルドのようなファストフード店みたいな雰囲気で、気軽に食べる事が出来るようになっています。

ついつい沢山買って食べてしまうんです。

勿論、自宅への持ち帰り用も購入するくらい好きですね。

 

 

アクセス

 

小樽運河へ向かう国道沿いにあります。

札幌方向からだと左側にあります。

駐車場も広いので、小樽観光の拠点にしても良いかもしれません。

 

 

 

おたる政寿司 ぜん庵

 

小樽と言えばお寿司も有名で沢山のお店が並んでいます。

 

基本情報

 

中でも僕が好きなのは、政寿司という有名店で本店が小樽にあり、銀座や新宿にも出店されていますが、今回は小樽運河にある運河を眺めながら食べる事ができる店舗、ぜん庵のご紹介。

寿司を食べる雰囲気じゃないような、お洒落なお店なんですが、味は正真正銘の政寿司。

食べたのは、ランチにウニ丼

丁度、夏場に行ったので、新鮮なウニ丼を食べる事が出来ました。

 

masasusi

こんな新鮮なウニ丼なんて、関西じゃなかなか食べる事が出来ませんからね~。

ウニが大好物なので、毎日食べたいくらいです。

シーズンは夏ですね。

政寿司自体は、すすきのにも店舗があるので美味しい寿司が食べたくなったらGOして下さい。

 

 

アクセス

 

小樽運河に面した国道沿いにあります。

小樽運河の正面に位置しているので、店舗内からは小樽運河が見えます。

駐車場は広くないので、混雑時は停められないかも。

 

 

 

若鶏時代なると本店

 

ここで、お食事の際に特にオススメのお店をご紹介します。

 

基本情報

 

dscf7687

有名店なのでご存じかと思いますが、若鶏時代なると本店です。

小樽と言えば、なるとの若鶏の半身。これも又、小樽では有名ですよね。

今回は小樽で若鶏をガッツリ食べる事にしました。

いつ行っても混んでるんですが、今回も駐車場が満車でした・・・。

別の駐車場に停めてでも食べる派なので、駐車場を探して別の場所に停めました。

数年前までは、小樽には駐車場が少ないという印象でしたが、最近は駐車場が増えましたね。

 

 

イチオシは定番の若鶏定食

 

dscf7686

小樽と言えば、この若鶏の半身ですよね。

これだけ大きいと、がっついて食べるしか無いでしょう。

皮がパリパリなのに中の肉がジューシーなんですよね~。

凄く美味しい。

 

なんまら美味いべやぁ~

 

寿司が付いたセットもありますが、敢えて白米の若鶏定食。

若鶏のボリュームが半端ないですね。

これで1,000円です。お得です。

 

 

アクセス

 

小樽駅から近いので公共交通機関でも行く事が簡単です。

車の場合は、専用駐車場が10台ほど停めることが可能。しかし混雑必至です。

 

 

 

 

小樽運河

 

 

よく映像でみる事も多い小樽運河。

最近では、小樽運河をクルージングするアクティビティまであります。

大人1,500円で40分ほどのクルージングが楽しめます。

天候の影響はありますが、四季折々の小樽運河周辺の景色を見られるアクティビティ。

運河沿いには、有料の人力車も待機していました。

 

 

アクセス

 

小樽駅からまっすぐ歩いて行ける距離です。

札幌からだと高速を使わなくても1時間かからないくらいで辿り着けます。

 

 

この他に、夏場であれば、おたるワインのナイアガラソフトがオススメです。

【札幌小樽】さっぽろ湖経由で小樽へ行くルート【観光】

2016.09.23

 

小樽運河から近い埠頭では、毎年、夏にお祭りが開催されます。

【イベント】おたる潮まつり【小樽】

2017.07.30

 

小樽の宿

天然温泉 灯の湯 ドーミーインPREMIUM小樽

 

 

最後に

 

小樽運河は、札幌から近いので行きやすい場所ですし美味しい物が沢山あります。

僕は日本海が好きなので積丹や小樽など、日本海に面した場所が気になるのかもしれませんが、人気のある場所という事は間違いないので今更ですが、お勧めの場所です。

夏には海に行ってBBQも良いですし、冬の雪景色の小樽運河も綺麗です。

クリスマス時期には小樽築港のショッピングモールに大きなツリーが登場したりと、毎回違う景色が楽しめるのも良いところです。

食事が出来るお店も多く、びっくりドンキーなどのファミリーレストランもあるので、気軽に利用出来ます。

 

まだまだ紹介できていない場所もありますが、是非、足を運んでみて下さい。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。