【札幌】札幌の紅葉の名所 豊平峡ダム【観光】


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

直近の札幌市内の気温ですが、最高でも12~13℃くらいしかありません。

こんにちは。あだじょぱです。

本格的に紅葉シーズン到来でしょうか? なんだか秋を通り越して冬が来たんじゃ無いか?と思うような寒さを感じるんですが。

修学旅行生も多く訪れる北海道ですが、この時期、紅葉のスポットとして有名な観光スポットと言えば、札幌だと豊平峡ダムだと思います。

というわけで、今回は豊平峡ダムへ紅葉観賞に行ってきました。

 

 

豊平峡ダムの展望台へ

 

豊平峡ダムのある場所には、ダムや周囲の風景を見渡す事ができる展望台があります。

紅葉の風景を撮影したり一望するには、展望台からの方がお勧めです。

しかし、その豊平峡ダムの付近までは、一般車両で入る事が出来ないので、途中で専用のハイブリッド電気バスに乗って行くか、徒歩で行くことになります。

 

ハイブリッド電気バス

 

denkibasu

一般車の駐車場からすぐの場所にチケット販売所があり、豊平峡ダム付近までのハイブリッド電気バス乗車チケットを購入する事で、乗車する事が出来ます。

大人往復で620円でした。

乗車する場所から豊平峡ダムまでのルートは、長いトンネルになるのですが幅が狭く1車線での走行になるため、対向車があると入れ替わりできないので、安全のために一般車両は通行できないようになっているんですね。

ですので、薄暗いトンネルですが、歩道が脇にあるので徒歩で行くことは可能です。

 

紅葉シーズンともなれば人気のスポットなので、週末の土日なんかはバスも混雑すると思います。

そんな時には徒歩で向かっても、15分~20分ほどで豊平峡ダムに到着できると思います。

今回は、平日に行ったんですが混雑していました。

バスも5分おきくらいで数台が稼働していますけど、写真のバスに40人くらいが乗るので、海外の混雑した乗り物みたいになってました。乗りましたけど。

 

 

バスを降りた先

 

houheikyou4

 

長いトンネルを抜け、九段の滝と千丈岩を横に更に奥へとバスが進みます。

そして、豊平峡ダムが見える場所へ到着するとバスを降ります。

目の前に豊平峡ダムが見えるこの場所は、まだ展望台ではありません。

ダムの近くには、管理する建物も見えます。

札幌の中心部と比べても標高が400m以上あり、寒い場所なので、上着が無いと厳しいですね。

 

ここからもう少し上に展望台があります。

houheikyou3

 

展望台へは、無料のケーブルカーを利用すれば1分ほどで到着します。

別のルートとして、徒歩でも上れる道があります。

それほど辛いルートでもなく、舗装された道になっているので、徒歩で登るのも問題無いと思います。

徒歩での所要時間も5分程度です。

 

 

展望台からの景色

 

ハイブリッド電気バスを降りた場所から展望台へ行くと、レストランがあります。

レストランでの食事を考えている場合は、電気バスのチケット販売所で、食事付きのチケットを購入しておく方が安くてお得です。

 

豊平峡ダム

 

houheikyou

展望台からの眺めです。

豊平峡ダム(ほうへいきょうダム)は札幌市南区定山渓、一級河川・石狩川水系豊平川の上流部に建設されたダムである。

国土交通省北海道開発局石狩川開発建設部が管理する特定多目的ダムで、豊平川の治水、また札幌市の水がめとして定山渓ダム(小樽内川)と共に豊平川ダム統合管理事務所によって総合的に運用されている。高さ102.5mのアーチ式コンクリートダムで、道内では奥新冠ダム(新冠川)とこのダムの2基しかアーチダムは存在しない。ダム湖は定山湖(じょうざんこ)と呼ばれ、支笏洞爺国立公園内にあり紅葉の名所としても著名である。

ウィキペディアより引用

 

時期は例年から予測して行ったつもりだったんですが、現地のアナウンスでは紅葉は8分との事でした。

ちょっぴり残念。

ダムでは、放水の様子を観る事ができます。

 

定山渓ダムは、さっぽろ湖に行くと観ることが出来ます。

【札幌小樽】さっぽろ湖経由で小樽へ行くルート【観光】

2016.09.23

 

この日も平日なのに沢山の観光客で賑わっていました。

やはり皆さん一眼レフを持ってパシャパシャと撮影をされていました。

CanonとNikonが多かった印象です。

 

 

千丈岩

 

houheikyou2

 

ハイブリッド電気バスから観ることができる千丈岩です。

丁度、道路の反対側に九段の滝があります。

滝が九段になっているので九段の滝(くだんのたき)という名称だとアナウンスがありました。

紅葉が8分というアナウンスでしたが、まだ早かった感があります。

ここ最近の気候が異常で例年を参考にしたんですが、もう少し遅く行くべきでしたね。

まだ行っていないという方は、これから紅葉がピークだと思いますので、お勧めです。

 

 

アクセス

 

豊平峡ダムまでは、一般車では行けません。電気バスへの乗り換えか徒歩となります。

電気バス乗り場までは、車だと国道230号線の定山渓温泉付近に、豊平峡方向へ向かう分かれ道があります。

道なりに進むと駐車場に辿り着けます。

 

 

 

最後に

 

札幌市内には、別に穴場的な紅葉スポットもあります。

【札幌】札幌の紅葉の穴場 西岡水源地公園【観光】

2016.10.07

 

豊平峡ダムは、札幌市内でも人気の有名な紅葉スポットです。

定山渓温泉からも近く、海外からの観光客も含め、週末は大変混雑が予想されますので、時間などに気を付けて行動して下さい。

バスは16時まで。有料です。期間は11月3日までですが、紅葉の見頃は例年10月上旬~中旬と言われています。

ダム周辺は、市街より気温が低いので服装にも注意して行くのが良いと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。