超初心者がWordPressを使ってサイトを作成するには


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

このブログはWordPressを使用して作成しています。

こんにちは。あだじょぱです。

無料のブログは、ユーザー登録したと同時に書き込めるブログが提供されますが、独自ドメインとサーバーで運用する場合は、ブログを書く環境も自分で調達する必要があります。

ブログを作成する為のツールは色々ありますが、世界中で使われているWordPressを使用する事にしました。

多くの人が使うツールであれば、セキュリティ面ではリスクの方が多いかもしれませんが、使い方などで考えた場合、情報が得やすいという利点もあるのです。

セキュリティ面では、時々アップデートがあるので、更新で対応出来そうです。

 

 

WordPressを導入

 

独自ドメインでブログを運営するなんて初めてなので、何もかも手探りでした。

WordPressに関しては、ネット上にも沢山の情報があるので思ったよりは早く導入できた感じです。

CSSというプログラムを打ってサイトを作る方法もあるみたいですが、何も無い状態から無知な人間に出来るとは思えません。

WordPressなら、そんな大変な作業を省いて、簡単な設定でブログが書けるのです。

 

 

 

WordPressを選んだ理由

 

ブログを作成する為のツールは、WordPress以外にもいくつかあります。

ですが、前述したようにWordPressは使用している人が多い為、情報も溢れているので、知識の乏しい初心者にとっては、扱い易いツールなのです。

それでいて、慣れてくれば、カスタマイズも可能で使い勝手に優れています。

特化型サイトをデザイン重視で作り込むのは、大変な作業になりそうですが、簡単なブログくらいならカスタマイズも容易に出来ます。

勿論、デフォルトの状態でも十分使えて設定も簡単。

 

更にXSERVERであれば、最初から簡単に導入できるようになっています。

WordPressには、ブログの基本デザインを決定するテーマと呼ばれるデータがありますが、ダウンロードして使えるので、無料と有料のテーマを合わせると莫大な種類が存在します。

初期の段階で理想に近いテーマを導入すれば、簡単なカスタマイズで完成させる事も可能です。

そんな理由からWordPressを導入しました。

 

 

XSERVERでの導入

 

レンタルサーバーの時点で、XSERVERを選択していると便利な事が多いです。

充実のサービス体制だと思うので、サーバーならXSERVERがオススメ。

レンタルサーバーで迷う初心者にはXSERVERをオススメする

2017.09.30

 

XSERVERを利用であれば、サーバーパネルにアクセスして簡単に導入可能です。

XSERVERの契約と設定については、過去に記事がありますので参考にしてください。

超初心者でも出来たサーバーの設定(XSERVER)

2017.01.26

超初心者が独自ドメインとレンタルサーバーを準備するまで 

2017.01.22

 

WordPressを導入するには、XSERVERのサーバーパネルにある自動インストールという項目からWordPressを選択しインストールします。

XSERVERなら、常に最新のバージョンをインストール出来るようになっているので安心です。

WordPressのデーターはサーバー内に格納されます。

 

 

WordPressを使う

 

WordPressのインストールが完了したら、いよいよブログを作成します。

管理者としての情報を登録し、WordPressのダッシュボードへアクセスします。

 

 

テーマについて

 

WordPressのダッシュボードは、管理画面です。

このダッシュボードから各種設定や記事の投稿を実行します。デフォルトでも基本設定だけ済ませて記事を書き始めることは出来ますが、折角なので色々と確認してみました。

まずは、ブログのデザインに関わるテーマ

WordPressでは、ブログデザインの基本を決定するテーマというのを選択することが出来ます。

デフォルト状態では、選べるテーマが少ないのですが、検索でテーマを探してインストールして使うことも可能ですので、良いと感じたもの導入すれば良いと思います。

一般的な無料のテーマの他に有料のタイプもあります。

このブログでは、有料のストークというテーマを少しカスタマイズして使用しています。

テーマは好みだと思うので、気に入ったテーマを選択すれば良いと思います。

無料のテーマなら、Simplicity2 は名前の通りシンプルでカスタマイズも出来るので使いやすいです。

 

 

プラグインについて

 

WordPressの機能を拡張して使いやすくするアプリのようなもの。

このプラグインは非常に便利なので必要なものをインストールして利用します。

プラグインは、スマホアプリのようにWordPressから検索してインストールすることが出来ます。

超初心者なので、最初は少しずつ利用したいと思うものや評判の良いものをインストールしていました。

 

問い合わせのフォームを作成できる Contact Form 7

画像を圧縮して最適化する EWWW Image Optimizer

サイトマップを作成する Google XML-Sitemaps

 

は、最初の段階でインストールしていました。他にも追加で次々と導入しています。

インストール後は有効化すると機能します。

プラグインは使用するテーマとの相性が悪いものや、WordPressのバージョンアップで不具合を発生するものがあるので、導入後は都度確認が必須となります。

基本はプラグインも更新(バージョンアップ)する事で解消する事が殆どですが、古いプラグインを使用していると更新が滞っている場合があるので、注意が必要です。

更新が滞っているプラグインは、同機能を有した他のプラグインに変更するのが望ましいです。

WordPressのプラグインは、豊富にあるので必要な物は積極的に導入しています。

 

 

基本設定をする

 

外観のカスタマイズ項目で基本項目であるサイト名や色の設定などを行います。

パーマリンクの設定は最初にしておいた方が良いと思います。

パーマリンクは、その記事(ページ)のアドレスになる部分をどういう基準にするかです。

他にも細かい設定をする事が可能ですが、基本設定だけ済ませた段階でもブログとしてスタート出来ます。

投稿ページから記事を書いて公開すれば、ブログの記事がweb上に公開されます。

プレビューも可能です。

 

難しいところでは、WordPressのダッシュボードからCSSを編集することも可能です。

CSSを編集すれば、大きなカスタマイズも可能になります。

しかし、CSSの表記を誤ったりするとアクセス不能に陥る場合もあるので、初心者が扱うには危険です。

最悪の場合、XSERVERのファイルマネージャにログインして、ダイレクトにWordPressのデーターを書き換え修正することも出来ますが、初心者には難易度が高いです。

 

 

まとめ

 

XSERVERならサーバーパネルにログインして自動インストールで導入可能。

インストールが完了したら基本設定を行い、必要なプラグインを導入する。

WordPressをインストールさえすれば、記事を書いて公開する事は可能です。

記事作成画面を開いて記事を書き、右上にある公開(更新)ボタンを押すだけ。

 

カスタマイズでの設定の際は、むやみにCSSを編集しない方が無難。

ある程度、理解してきたらバックアップを残しつつCSS編集でカスタマイズする。

テーマは、運営していく上で好みに合ったものを選ぶと良いと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。