試験的にAMPを停止してみた結果


スポンサーリンク


スポンサーリンク



数日前からAMP対応プラグインを停止しています。

こんにちは。あだじょぱです。

スマホやタブレットからのアクセスで、ブログの表示速度を高速化するAMP。

以前まで使っていたWordPressのテーマ、Simplicity2ではβ版デフォルト機能として、AMP対応化が可能でした。

折角なので、その時から、あだじょぱこたんでもAMP対応していました。

その後、WordPressのテーマをSTORKに変更してからは、プラグインを導入してAMP対応。

しかし、アクセスが激減した事もあって、試験的にAMP対応を解除してみました。

 

 

面倒なAMP対応

 

プラグインを使えば、簡単にAMP対応は可能です。

ですが、AMP対応する事で、出てくる問題もありました。

そもそもAMP対応すると、モバイルでの表示速度を向上する一方で、ページが簡略化されます。

AMP対応したページは、検索の際に優遇されて順位に関係なく上位に表示される事があるんです。

 

めちゃウハウハやん!

 

入れ食いブログ爆誕!

 

そんな淡い夢を見ていた時期がありました・・・

 

しかし、実際には、簡略化によって大きく崩れるデザイン。

アドセンスなどを利用している場合、AMPページにも表示されなくなったり。

初心者が手を出すには、少し難しいところを試行錯誤で奮闘したのに・・・。

 

WordPressのテーマによっては、Simplicity2のようにデフォルトで、AMP対応の機能が付加されているものもあります。

でもデザイン重視で有料で購入したSTORKというテーマ。

どうしても、STORKでAMP対応するんじゃー!

って勢いだけでやってきました。

 

STORKというテーマは、デザイン命。

デフォルトでAMP対応の設定なんてありません。

そこで、AMP対応させる為には、プラグインをインストールして対応するんです。

でもこれだけじゃアドセンスがAMPページで表示されませんでした。

AMPページは、広告の設定が結構大変なんです。

 

関連記事

 

 

 

AMP対応後の結果

 

あだじょぱこたんをAMP対応にした直後は、検索流入に変化がありました。

 

入れ食い

 

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!

 

検索上位に入っていないワードで、AMPページが上位表示されるようになり、検索流入が増えたのです。

但し、AMPページへの流入は、Googleのサーチコンソール(ウェブマスターツール)でしか解析できないというデメリットも。

一般的な解析ツールも併用していましたが、サーチコンソールでのアクセス数と大幅に数値が違いました。

 

しばらくすると、通常のページのアクセスは減少し、AMPページへのアクセスが増加しました。

通常のページはアクセスが減ってAMPページが増えてる・・・。

 

(,, ゚Д゚)ナンデ?

 

さらに、一般的な解析ツールだけだとアクセスが減ったようにも見えます。

 

(,, ゚Д゚)ナンデ?

 

そこで、アクセスの推移を毎月確認しながら様子をみたところ、サーチコンソールでのAMPページのインデックスが増えるに連れて、全体のアクセスが減っている傾向が見られました。

それが次第にアナリティクス上でもPVが減少傾向。

 

イヤ━━o(>Д<#o≡o#>Д<)o━━!

 

 

関連記事

 

時期的なものと重なったのか、AMP対応が原因なのかが判断しづらいところでしたが、ここでAMP対応を停止してみる事にしたんです。

 

 

AMPプラグインを停止した結果

 

いよいよAMP対応のプラグインを停止しました。

ブログのページ全てが、AMP対応でインデックスされていたので、その全てがインデックスから消えるまでは、数週間掛かりました。

AMP対応を停止する場合、今までにインデックスされたAMPページをどうすれば良いのか悩みます。

調べたところ、放置しておくのが1番みたいです。

確かに放置しておくと、少しずつサーチコンソールで、AMPページのインデックス数が減っていました。

 

あばよAMPページ。

 

その後、AMP対応のインデックス減少と同時にアクセス数は増加。

減っていたアクセス数が、元に戻って来た感じに。

 

AMP対応のページは、簡略化が激しいので、他のページへの回遊率が激減します。

その為、PVが伸びずに減っていたんじゃ無いかと推測。

 

サイトのSSL化やAMP対応などは、まだまだ未対応のサイトも多くあります。

もう少し様子を見て対応しても良さそうだなと思いました。

(*-д-)-з

 

 

まとめ

 

AMP対応については、周囲のサイトが実施して浸透してから考える事にします。

SSL化についても、既存のサイトをSSL化させるとアクセス数が1時的に落ちると言われていますが、AMP対応の場合は、1時的じゃ無いような動向でした。

ニュースサイトなどのトレンド向きらしいので、このサイトに合わなかったのかも知れません。

SSL化は、簡単に対応できるようになってきたので、最初から対応させるサイトも多く、今から始めるのなら対応しておいた方が良いように思います。

AMPについては、モバイル端末でのサイトの表示が高速化されるというメリットとデザインが崩れ、アドセンスの設定などが面倒になる事や、アクセスの変動というデメリットも考える必要がありそうです。

というワケで、暫くはAMP対応せずに運営します。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。