初心者が最初に導入してみたWordPressプラグイン5つ 


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

WordPressを使用していますが、プラグインをインストールすると便利です。

こんにちは。あだじょぱです。

ブログ作成の初心者がWordPressを使用する場合、CSSなど難しい壁があります。

そんな時に簡単に機能拡張出来るのがプラグイン

プラグインをインストールして使えば、簡単に機能が追加出来ます。

注意点として、使用しているテーマやWordpressの相性によっては、不具合が出る可能性があるので事前にバックアップは必須です。

 

 

最初に導入したプラグイン

 

 

  1. Google XML-Sitemaps
  2. EWWW Image Optimizer
  3. Contact Form 7
  4. PubSubHubbub
  5. Akismet

 

順番に意味は無いです。

ブログを独自ドメインで作成する上では、必要だと最初の段階で感じたプラグインです。

 

 

Google XML Sitemaps

 

ブログのサイトマップを作成するのに導入したプラグイン。

導入方法は、下記の記事を参考にしてください。

初心者がプラグイン(Google XML Sitemaps)を導入してみた

2017.01.31

 

特にサイトで何かを変更する際は、バックアップが大事です。

サイトマップを作成することで、検索エンジンがクロールし易いようになります。

初期段階から導入すると良いプラグインだと思います。

 

 

EWWW Image Optimizer

 

このブログでは写真などの画像を多く使用しています。

画像ファイルって容量が大きいんですよね。

容量が大きいと、そのページを開くのに時間が掛かったりサーバーに負担が掛かります。

そこで、自動でファイルサイズを圧縮してアップロードしてくれるプラグイン。

 

プラグインの検索で EWWW Image Optimizer と入力してインストール。

有効化すると画像ファイルを普通にアップロードするだけで、

自動で圧縮してくれます。

 

アップロード済みの画像ファイルを一括で圧縮する事も可能です。

ダッシュボードのメディアの項目にプラグイン専用の項目(一括最適化)が追加されます。

 

 

Contact Form 7

 

ブログに「問い合わせ」のフォームを簡単挿入できるプラグインです。

独自ドメインで運用する場合は、連絡が取れるようにするのが一般的らしく

アフィリエイトなどを予定されているなら広告を貼る上でも必須です。

そのフォームを簡単に作成できるので便利なプラグインです。

 

プラグインの検索で Contact Form 7 と入力しインストール後有効化。

WordPressのダッシュボードにあるサイドバーにお問合せの項目が追加されます。

 

 

お問合せの項目からコンタクトフォームを簡単に作成できます。

コンタクトフォームが作成出来たら、

ショートコード(画像の青い部分)が発行されるので

お問合せページ用に固定ページを新規作成し、本文欄にショートコードを貼り付けるだけです。

 

 

PubSubHubbub

 

続いて導入してみたのが、新規投稿記事をいち早く検索エンジンへ知らせるプラグイン。

ブログを始めたばかりの頃は、検索エンジンからのクロールが鈍いので、インデックスされるまでに時間が掛かる事があります。

そこで問題となるのが悪質なコピーサイト。

コピーサイトの方が早くインデックスされると、こちらがコピーと判断されてしまう事も。

そんな事にならない為にも、初期段階で導入すべきと思うプラグインです。

 

導入は、他のプラグイン同様にインストールして有効化するだけ。

設定も特に必要ありません。有効化後は記事を投稿後数分で検索エンジンに通知します。

 

 

Akismet

 

最後のプラグインは、セキュリティ関連のもの。

ブログを作成し公開する事で、心配なのがスパムです。

このAkismetは、スパムを自動判定しブログ管理者へ通知してくれるプラグイン。

実際にブログを始めると海外からのアクセスもあり、スパムコメントなどが出てきます。

対策としてAskimetを導入すると、スパム判定されたコメントを知らせてくれるので否承認で削除できます。

 

導入は他のプラグインと同様ですが、こちらは少し設定が必要です。

 

設定を有効にするには、APIキーというものが必要になります。

APIキーは、WordPress.comに登録することで入手できます。

 

 

Akismetをインストールし有効化したら、WordPress.comにアクセスして登録します。

入力画面を進めて行くとプラン設定の画面が出ますが、左端の無料プランを選択で構いません。

画面に従って入力し、APIキーを取得します。

Akismetの設定画面からAPIキーを入力し有効化します。

 

有効化後は、スパムと判定されたコメントが公開されずに承認待ちとなります。

確認して削除なりすると良いです。

 

 

まとめ

 

WordPress初心者は、カスタマイズなどでCSSを誤って記載して、サイトへアクセス出来なくなるトラブルが発生することもあります。

そんな時は、簡単に使えるプラグインが便利です。

プラグイン導入での注意点としては、種類が豊富なのでアレもコレもとインストールすると、プラグインだけで凄い数になり、アップデートや相性によっては不具合が起きる可能性も増加します。

必要なプラグインは残し、不要になったプラグインは有効化を解除して削除してしまうのが良いと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。