初心者がプラグイン(Google XML Sitemaps)を導入してみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

初心者は、プラグインを使ってWordPressを簡単にする。

こんにちは。あだじょぱです。

独自ドメインでブログを運用するのに導入したWordPressですが、初心者なので、サッパリ使い方がわからないところからスタート。

色々と設定を変更したりしている中で、プラグインを知りました。

コイツが出来るヤツなんです。

 

 

プラグインの導入

 

プラグインを使えば、簡単に便利な機能が使えるようになります。

WordPressで使用可能なプラグインは豊富に用意されているので、使いたい機能のプラグインを探してインストールすれば便利です。

独自ドメインでブログを作成しても誰にも読まれないと悲しいですよね。

ブログを知って貰うには、色んな方法があると思いますけど、やっぱり検索エンジンで検索した時にヒットしてくれると有難いです。

 

しかし、独自ドメインでブログを始めると最初は検索にも引っかからず誰にも読まれません。

検索エンジンに、なかなか見つけて貰えずインデックスされない為です。

無料ブログは、ある程度拡散が見込めますが、独自ドメインは自分自身で設定をする必要が出てきます。

そのうちの一つがサイトマップです。

 

 

 

サイトマップ

 

検索エンジンで表示されるようになるには、検索エンジンにもサイトを知って貰う必要があります。

そして、検索エンジン側に知って貰いやすくする為にサイトの地図を作ります。

それが、サイトマップです。(そのまんまです)

 

サイトマップを作成し、サーチコンソール(searchconsole)へ登録する事で

自分のサイトをアピールしちゃいましょう。

サーチコンソールにサイトを登録されていない場合は、登録しちゃいましょう。

初心者でも出来るWordPress関連の設定 

 

ここで登録するサイトマップを作るのに便利なのがプラグインです。

 

 

バックアップについて(ここめちゃ大事)

 

プラグインを導入する場合、他のプラグインや導入しているテーマとの相性によっては、予期せぬ不具合が発生する事も考えられます。

なるべくバックアップを取っておく事をおすすめします。

 

バックアップは、XSERVERの場合ですがファイルマネージャへアクセスし、

サイトのフォルダから、Public_html → wp-content と移動し

  1. plugins (プラグインのフォルダ)
  2. themes (テーマのフォルダ)
  3. uploads (画像など)

 

の3つを、ダウンロードしておきます。

後は、記事などをバックアップします。

それは、WordPressのダッシュボードから

ツール → エクスポート を選択し開いた画面上で「すべてのコンテンツ」にチェックを入れてエクスポートします。

 

これで最悪の場合は、ダウンロードしておいたフォルダをサーバーへ送り

エクスポートしておいたデータをインポートする事で復旧対応が可能です。

 

 

サイトマップの作成

 

サイトマップは、スキルがあれば自分で作成する事も可能です。

しかし、初心者には難しいのでプラグインを利用しました。

 

 

Google XML Sitemaps

 

まずは、プラグインをインストールします。

インストールの方法は、ダッシュボードのサイドバーからプラグイン新規追加へ。

検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力しインストール。

その後、有効化します。

 

 

結構、似たようなのが出てきます(汗

間違わないように注意してください。有効化するとサイトマップが生成されます。

 

サイトマップは自動的に生成されてサーチコンソールへ送信されるので、

通常は記事を書いた後、自動でサイトマップも更新されます。

 

 

サイトマップが正しく送信されたかは、サーチコンソールで確認出来ます。

最初は、インデックスされないので送信の青いグラフだけ表示されると思います。

時間が経てば赤いグラフも表示されるようになります。

送信数とインデックス数が違いますが、問題ありません。(大きく違う場合は・・)

 

 

バージョンについて

 

このプラグインを検索していると、上手く送信されずサーチコンソール上で保留になったまま変化しないという症状を見かけました。

対策として、古いバージョンをインストールすると良いとありました。

現時点で、(バージョン4.0.8)僕の場合は症状が無く普通に使えています。

 

 

まとめ

 

サイトマップは、検索エンジンに対して自分のサイトを知って貰うのに重要です。

サイトの構造を予め連絡しておくので巡回しやすくなるというイメージ。

そして、初心者でも簡単にサイトマップを作成できるプラグインの導入が便利。

サイトマップを作成しサーチコンソールで確認して完了です。

その後は、サイトを更新してインデックス数が徐々に増えていれば問題ありません。

WordPressの更新やプラグインの更新がある場合は、バックアップをマメにしておいた方が良いかもしれません。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。