ブログのAMP(Accelerated Mobile Pages)対応と検索流入


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

最近、AMPページでのブログへの訪問者が増加しています。

こんにちは。あだじょぱです。

ブログを運営されている皆さんなら既にご存知かと思いますが、モバイル端末からブログなどのサイトを開く場合に、時間が掛かって遅いサイトより、サクサク動作するサイトの方がストレスを感じませんよね。

サイトにAMP(Accelerated Mobile Pages)を実装する事によって、このスピードを速くする事が可能になります。

超初心者としては、サッパリわからない事だらけなのですが、AMPという機能を実装すれば、モバイルで高速表示に対応出来るという事は理解出来ました。

そして、実際にそのAMPをあだじょぱこたんに実装し運営してみました。

 

 

実装

 

大袈裟な見出しですが、実際のところ初心者でも難しいと感じる事はありませんでした。

なぜなら、現在使用しているWordPressのテーマ、Simplicity2の最新版を常にアップロードしていると既にベータ機能として実装されている筈だからです。

利用している側で、CSSなどを書き換える作業をしなくても簡単に対応出来ました。

 

因みに一般的なサイトはモバイル端末向けに、サイトの画面サイズを合わせるレスポンシブデザインを実装しているか、モバイル端末でのアクセス用にもう1つ専用ページを用意しているかだと思いますが、AMPはレスポンシブルとは違います。

ですので、AMPを有効にしたページを確認してみると、PC版で見たサイトとは大きくデザインが異なっていたりするので、時々確認しておいた方が良さそうです。

 

 

 設定の方法

 

WordPressで尚且つテーマをSimplicity2に設定されている場合は、凄く簡単に設定が出来ます。

初心者でも安心です。

Simplicity2は、深くカスタマイズしようと考えている初心者よりも、デフォルトから小さなカスタマイズのみで使うような初心者の人に向いていると思うテーマです。

個人の方が作成されたテーマでアフターフォローはお世辞にも良いとは言えません。

お一人で対応されていますので。

だから、深くカスタマイズしようとして困った時に個別で対応しきれるとは思えないのです。

障害だとかの大きな対応は別として、カスタマイズでのフォローを重要視されるのであれば有償のテーマがオススメです。

そこまで理解して頂いた上で、Simplicity2を使っている場合、WordPressの管理画面左にあるサイドバーから設定→カスタマイズを選択します。

そしてカスタマイズの画面でサイドバーのところにAMPという表示がある筈です。

 

AMP(β機能)となっているところです。

この表示が無い場合はバージョンが古い可能性があるので、最新のバージョンにバージョンアップが必要です。

その先に進むと、AMPに関する様々な設定項目が出てきますが、1番上ににあるAMPの有効化というチェックボックスにチェックを入れるだけで特に問題ありません。

他の項目について変更したい場合は、内容を確認してチェックボックスのチェックを外したり、お好みで設定できます。

 

又、ブログで記事を書き投稿する際に記事ごとにAMPを生成しないようにも出来ます。

記事を作成する画面の右側にチェックボックスがあるので、この投稿ページはAMPに対応させないようにしたいと思えばチェックボックスにチェックを入れます。

テーマの中で設定するだけで全てが完了しちゃいます。

 

 

検索流入への影響

 

テーマの方でAMPに対応した時点で最新版のバージョンアップを行い様子を見ていましたが、検索エンジンで上位に表示されないジャンルの記事が、他の記事をゴボウ抜きして表示されるというAMP特有の恩恵によりアクセスが増加しました。

このブログでは、主に3つのアクセス解析を使用しています。

  • Slimstat
  • Google アナリティクス
  • アクセス解析研究所

 

この3つのうち、AMPでの流入はアナリティクスで見ていますが、ブログは日々記事が増えるので全体的なアクセスと、その内のAMPでの流入量は増加傾向にあります。

AMPに対応していない場合は、検索で上位表示されていないので、その分のアクセスが無いという事だと思います。その差は大きいと感じます。

一方で、AMP対応した場合にモバイル端末で確認してみると普通のページとは大きく雰囲気が違います。

なんだか色々と省略されている感じの表示です。

WordPressのプラグインも対応していない場合がありますので、良い事ばかりでも無いんですが。

プラグインは古いものでも最近まで更新されていれば、おそらく時間が経てば対応してくれる事もあると思いますが、数年間更新の無いプラグインだと難しいかもしれません。

プラグインを変更するかAMPを諦めるか・・。

 

アナリティクスで管理している場合、項目としてAMPが正常に機能しているかのチェックがあります。

もしエラーが発生していた場合は、うまく機能していない可能性があります。

大きなエラーが表示された場合は、改善する必要があるので、ご注意ください。

 

 

まとめ

 

近年は、スマホやタブレット端末の普及によって、PCからのアクセス以上にモバイル端末でのアクセスが増えている状況ですので、モバイル重視の傾向はこの先も発展して行きそうな気がします。

又、https化も加速しているようですし、運営する側もタイミングを見極める必要がありそうですね。

AMPの実装で受ける恩恵があるのは間違いないですが、多くのプラグインを導入している場合は、使えないプラグインが出てくる可能性もありますし、今現在上位表示されているようなサイトだとその効果は不明です。

Simplicity2というテーマを使っていたので、簡単に有効化して使えるのなら使ってみようというノリで使い始めましたが、他に簡単に対応できない環境下であれば悩むところです。

最近出てきたような後発のテーマであれば、おそらく実装していると思うので、まだ使用されていない初心者の皆さんは、AMP対応も検討されては如何でしょう。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。