WordPressのテーマ編集は子テーマで!


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

WordPressでテーマの編集をする時は、子テーマで編集するのがオススメです。

こんにちは。あだじょぱです。

過去に1度、親テーマを編集して失敗した大馬鹿野郎です。

現在、Wordpressで使用しているテーマは、子テーマをインストールして編集しています。

初心じゃない方々からすれば、当然の事なんですが、初心者で何も知識を持たずに始めた頃は、子テーマをダウンロードしていたものの、使い道がわからずに放置していました。

テーマをカスタマイズする際には、親テーマを編集していたんです。

もう大失敗ですね。

 

 

テーマの編集

 

まずテーマの編集について説明します。

WordPressを使用する場合、デザインの大枠を決めるテーマというものがあります。

テーマは、Wordpressにデフォルトで用意されている物のほか、無料や有料で配布されるテーマが有り、インストールすれば、使用出来るようになります。

インストールした段階では、そのテーマのデフォルト状態です。

簡単なカスタマイズは、管理画面の設定項目から行う事が出来ます。

設定項目で変更できないような複雑なカスタマイズになると、テーマの編集が必要になります。

 

 

編集作業

 

初心者が手を出すには、躊躇する領域です。

テーマのデザインを変えたりするカスタマイズを実行出来る機能ではありますが、反面、失敗すると復旧が大変なので、ある程度の覚悟で挑む必要があります。

 

編集画面へは、Wordpressの管理画面にあるサイドバーの「外観」から「テーマの編集」を選択する事で移動出来ます。

初心者なら、その画面を開いてフリーズしてしまうのでは無いかと思います。

簡単なカスタマイズと違い、設定毎の項目をプルダウンで変更出来るような簡単さありません

CSSを記述してサイトに変更を加える作業が必要になります。

記述する内容を理解出来るくらいになれば、サクサク変更が可能になるのでしょうけれど、初心者がそこまで到達するには時間がかかります。

現在使用中のテーマがマニアックでなければ、他にも使っていてカスタマイズされている方がいると思うので、ネットを駆使して情報を集めます。

そうすれば、やりたいカスタマイズがコピー&ペーストで出来る可能性があります。

 

自力で記述する場合は、少しずつ変更を加えながらサイトを確認するようにして、不具合が発生した場合に、どこを編集して不具合が発生したのかが分かるように進めるのが安全です。

この編集作業全般は子テーマを使用する事をオススメします。

 

 

子テーマで編集する

 

子テーマは、テーマを提供しているところからダウンロードして使える事が多いです。

テーマと同じようなファイルですが、編集用のファイルみたいな物です。

子テーマでカスタマイズ編集した内容は、サイトへ反映されます。

 

なぜ、親テーマでは無く子テーマの編集なのか?

実は、親となるテーマで編集した場合、テーマがバージョンアップする度にデフォルトに戻ってしまうのです。

当然ですよね。

新しいバージョンのファイルには、それまでカスタマイズした内容が記載されていないのですから。

そして、カスタマイズしていたファイルに上書きするので、それまでにカスタマイズとして記載した内容は消えてしまうワケです。

これが子テーマで編集している場合は、親側をバージョンアップしても内容が維持されるのです。

まさに編集用ファイルです。

 

ただ、デフォルトの状態の子テーマには最小限のファイルしか格納されていない事も多いです。

デフォルトのままでは、編集したい部分のファイルが無い事もあります。

その場合は、サーバーにアクセスして親テーマから編集したいファイルを子テーマにコピーして格納しておく必要があります。

これを面倒に感じて、親テーマを編集していたらバージョンアップした瞬間にカスタマイズ内容を全てリセットされてしまうという悲劇に見舞われました。

 

.・゚・(ノд`)゚・.

 

自業自得なんですが、大失敗でした。

 

最初から子テーマを編集しておけば良かったと後悔しましたよ。

Word Pressに更新があるように、テーマにも更新があるので、将来的な事を考えて、子テーマで編集する事をオススメします。

 

 

まとめ

 

テーマを編集する前に、テーマ選びが非常に大事になります。

自分が望む理想のデザインに近い物を最初から選んでおく事で、カスタマイズも最小限で済ませる事になります。

大きなカスタマイズになると、時間も手間もかかる上に、記述ミスなどのリスクも高くなる可能性があるので、あまりオススメ出来ません。

特に初心者は失敗から復旧するにも時間が掛かったり、時には復旧不可能に陥るかもしれませんので、良く考えてテーマを選ぶ必要があります。

テーマを決めて、必要な部分だけを子テーマで編集するのがスムーズであり、簡単にカスタマイズ出来る方法ですので、初心者の方にはオススメです。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。