初心者がサイトのSSL化に着手してみた


スポンサーリンク


スポンサーリンク



 

最近、サイトのアドレスバー部分に緑色の鍵マークが増えていますよね。

こんにちは。あだじょぱです。

web上では、色々な情報の送受信が行われています。

その中には、個人情報やパスワードなどが含まれる場合もあり、それらを暗号化して通信するセキュリティの世界標準技術がSSLと呼ばれるものです。

暗号化され、SSLで保護されたサイトには緑の鍵マークが表示されるようになったのです。

色々な方々に情報を発信していく上で、読んで下さる方に安心して訪問頂けるように、このサイトもSSL化する事にしました。

 

 

ブログをSSL化する

 

GoogleでもサイトのSSL化を推奨しています。

検索する際にGoogleを利用した事がある方は沢山いらっしゃると思いますが、Google自体が検索結果で安全性の高いサイトを表示し、ユーザーの本当に必要な情報を提供出来るように取り組んでいます。

YahooやTwitterを開いてもSSL化されていますよね。

その際、サイトアドレスがhttp://からhttps://に変わっています。

 

 

ブログをSSL化するならXSERVERがオススメ

 

サイトをSSL化する為には費用と手間が掛かるのが普通でした。

しかし、今はレンタルサーバー側でSSL化へのサポートを用意してある場合もあり、比較的簡単に実施出来るようになっています。

今回は、XSEVERで簡単にSSL化する事が出来ました。

僕の場合は、まだサイトを作成し始めて浅いので、作業も簡単でした。

これからサイトを作ろうという方なら、SSL化前提で作成されるのが良いのではないかと思います。

 

 

XSERVERでの設定方法

 

自分のサイトをSSL化するにあたっては、データーを保管しているサーバーで確認が必要です。

僕の場合は、XSERVERを利用しているので、XSERVERのサーバーパネルからSSLの設定を選択し、登録する事で費用を掛けずにSSL化する事が出来ました。

登録には少し時間が掛かるので、暫くしてから設定したhttps://~のアドレスにアクセスすると確認が出来ます。

別途費用を掛けずに出来るなんて、さすがXSERVERです。

 

 

SSL化した後の設定

 

Googleアナリティクスやサーチコンソールを使用している場合、サイトをSSL化すると設定を変更しなければなりません。

管理画面からサイトアドレスを変更する必要があります。

 

このサイトは、WordPressを使用しているのでWordPressの基本設定アドレスも変更が必要でした。

更にサイトの内部リンクなどは、リンク先のアドレスを変更する必要があります。

僕の場合は画像も多く、各ブログ記事のアドレス変更と画像のリンク先アドレスを変更するとなると、それはもう膨大な時間が掛かりそうでした。

そこで、一括で変更可能なプラグインを使用して実行しました。

このプラグインで一括の方法だと数秒で完了しました。

設定を間違えると大変な事になる可能性がありますが。

レンタルサーバーで迷う初心者にはXSERVERをオススメする

2017.09.30

 

 

鍵マークが出ない

 

全ての作業を完了し、https://のアドレスでアクセスが可能になったところで確認するとアドレスバーの部分が緑の鍵マークにならず黄色の!マークになりました。

これでは、セキュリティが万全ではありません。

 

 

外部リンクの要因

 

自分のサイトから外部へリンクしているもの。

例えばブログのランキングサイトや広告を貼っている場合、そのリンク先がSSLに対応していないと不完全なセキュリティとなり鍵マークになりません。

サイトに貼っているバナーや広告コードを編集する事で対応出来る場合もありますが、先方が未対応の場合は、どうする事も出来ません。

そのバナーや広告を諦めるしかありません。

特に広告のコード編集は、基本禁止されている事が多いので最悪の場合、報酬が受け取れなくなる可能性があります。

ですので、サイトで収益を考えて運営されている方はSSL化しない方が良いのかもしれませんね。

当あだじょぱこたんは趣味が主体のサイトでしたので、SSLに対応した広告だけ貼るスタイルで進めています。

 

 

セキュリティの問題点を調べる方法

 

自身のサイトが鍵マークとならない場合に何処に問題があるのかは、お使いのブラウザで簡単に調べる事が出来ます。

FireFoxやchromeをお使いの場合は、開発者ツールで対応可能です。

調べたいサイトを開き、コンソールを確認すれば、問題の部分が表示されます。

その画面で表示されたアドレスへのリンクを改善すれば、そのページは鍵マークが表示されてセキュリティが改善されたと認められます。

 

 

表示速度

 

これは、ついでになりますが、画像が多いサイトは読み込みに時間がかかり、どうしてもサイトの表示速度が遅くなるので、表示速度が気になるところです。

来て下さった方が、イライラしないような表示速度を目指したいというのもあって、今回は表示速度の改善にも色々とチャレンジしてみました。

 

 

表示速度を調べる

 

サイトの表示速度を計測するには、計測サイトを利用しました。

Googleが推奨するサイトと別のサイトの2ヵ所で確認したところ、かなり悪い結果になり落ち込みました。

 

測定に使用したサイトは、

PageSpeed Insights

GTmetrix

の2つです。

 

 

速度改善

 

そこで、画像を圧縮する事とサーバーにアップしていたファイルを少し編集する事で、改善にチャレンジしてみました。

画像の圧縮には、プラグインを使用しました。

それとは別にCSSなどの修正は難しくて出来そうに無かったので、簡単に対応できそうなサーバー内のhtaccessファイルを編集する事で再度速度を計測したところ大幅に改善されていました。

それでもまだ優秀とは言えませんが。

 

 

まとめ

 

最近ではweb上でのセキュリティ向上を推進し、世の中でもhttp://からhttps://への移行が推奨されていますので、SSL化されたサイトが増加しています。

セキュリティが不安なサイトよりセキュリティが安全なサイトの方が、信頼出来るのは間違いない事だと思います。

無料ブログであれば、運営側が対応してくれますが、独自ドメインでサイトを運営していく上では、重要な要素だと感じています。

サイトを訪問して下さる方に情報を提供するだけで無く、セキュリティ強化であったり、サイトの表示速度アップなど、サイトを取巻く環境整備も充実したサイト作りを心がけて、今後も更新して行きたいと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪から札幌への移住者。二度の移住でトータル15年ほど。 会社は早期退職。仕事やプライベートで北海道全域を走破。 趣味はGuitarとCamera。どちらも未熟である。  HM/HRと綺麗な素敵レデーをこよなく愛す。怪しい者ではない。